2021年3月5日金曜日

NY FUTURES MARCH 4,2021

ICE COTTON FUTURES

March 4, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21   -   85.59 85.59 85.59 -1.31

May 21 88.71 89.39 86.63 87.17 -1.31

Jul 21 89.79 90.27 87.59 88.13 -1.28

Oct 21 84.60 85.90 84.50 84.53 -.73

Dec 21 85.05 85.85 83.37 84.00 -1.01

Mar 22 83.40 84.71 82.38 83.07 -.60

May 22 82.62 83.92 81.85 82.57 -.34

Jul 22 81.66 83.09 81.15 81.87 -.04

Oct 22   -   77.82 77.82 77.82 -.09

Dec 22 74.85 75.89 74.50 74.77 -.14

ICE estimated futures volume:38,800

 

5月限は寄り付きから弱く、88セント付近を推移。米国早朝に買いが入り一時的に89セント台に乗ったが、引けにかけ値を下げた。結果、前日比131ポイント安の87.17/LBで引けた。推定出来高は38,800枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は様子見の姿勢から、米国の長期金利上昇によるドル高に押され値を下げた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長がメディアのインタビューで米国長期金利の上昇に対する具体的な抑制策について言及しなかったことで、ドルが買われ、商品相場は下落した。綿花相場もその流れに追随した模様。

本日発表の週間輸出成約報告では今季アップランド綿の成約数量は、高値圏での相場つきながらベトナム・パキスタン・中国を中心に21万俵と堅実な数字が発表され、船積み数量も37万俵と好調であった。しかしながら、相場への影響は限定的であった。

 

【米国農務省週間輸出成約報告】

FOR THE WEEK ENDING Feb 25,2021                   

 

2020/21 CROP                          

◎アップランド綿                         

成約                     TOTAL : 213,400         (ベトナム 63,200 / パキスタン 33,700 / 中国 26,200)

キャンセル         TOTAL : 44,300        (トルコ ▲39,700 / インドネシア ▲2,800 / ベトナム ▲1,700)

NET                     TOTAL : 169,100         (ベトナム 65,200 / パキスタン 33,700 / 中国 24,100)

船積                     TOTAL : 377,400         (ベトナム 98,800 / 中国 94,700 / パキスタン 49,700)

◎ピマ綿                          

成約                     TOTAL : 7,900             (中国 3,900 / トルコ 1,900 / インド 1,800)

キャンセル         TOTAL : 100             (インド ▲100)

NET                     TOTAL : 7,800             (中国 3,900 / トルコ 1,900 / インド 1,700)

船積                     TOTAL : 9,100             (中国 2,600 / ベトナム 2,200 / パキスタン 1,100)

2021/22 CROP                          

◎アップランド綿                         

成約                     TOTAL : 40,600           (ベトナム 15,500 / 中国 13,200 / グアテマラ 6,500)

◎ピマ綿                          

成約                     NIL       

 

END.

2021年3月4日木曜日

NY FUTURES MARCH 3,2021

ICE COTTON FUTURES

March 3, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21   -     -     -   86.90 -2.54

May 21 91.00 91.13 88.16 88.45 -2.54

Jul 21 91.97 92.02 89.14 89.41 -2.51

Oct 21 85.30 85.30 85.30 85.26 -1.78

Dec 21 86.28 86.46 86.60 85.01 -1.44

Mar 22 84.45 84.45 83.30 83.67 -1.26

May 22 83.08 83.08 82.58 82.91 -1.02

Jul 22 82.02 82.06 81.65 81.91 -.88

Oct 22   -     -     -   77.91 -1.22

Dec 22 75.55 75.55 74.67 74.91 -1.53

ICE estimated futures volume:37,500

 

5月限は寄り付きから弱く、米国深夜に一度90セントを割り込んだが、すぐに持ち直した。しかしその後も小安く推移、米国時間に売りが先行し急落。そのまま89セントを割りこんだ。結果、前日比254ポイント安の88.45/LBで引けた。

【相場動向要因】

綿花相場はドル高や米国綿花への需要がスローダウンしたことなどで、投機筋による利益確定の売りに押されて値を下げた。しかしながら、インドなど米国外の産地の綿花需要は聞かれている。

明日発表の週間輸出成約報告では225日までの1週間の数字が出てくるが、定期相場が90セント前半を推移した1週間と重なり、高値圏内における綿花需要が成約数量として現れるため注目が集まる。

 

【オーストラリア】

オーストラリア・クイーンズランドで綿花の収穫が始まる。現在収穫されている部分についてはイールドは良いようだが、ほかの地域については比較的涼しかった夏の影響で生育が若干遅れている模様。

 

END.

2021年3月3日水曜日

NY FUTURES MARCH 2,2021

ICE COTTON FUTURES

March 2, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21 89.70 89.70 89.70 89.44 -.82

May 21 91.00 91.45 90.13 90.99 -.58

Jul 21 92.41 92.41 91.05 91.92 -.54

Oct 21   -     -     -   87.04 -.70

Dec 21 86.07 86.73 85.50 86.45 -.34

Mar 22 84.50 85.00 84.10 84.93 -.44

May 22 83.61 84.01 83.13 83.93 -.44

Jul 22 82.52 82.97 82.02 82.79 -.43

Oct 22   -     -     -   79.13 -.27

Dec 22 76.02 76.30 75.80 76.44 -.06

ICE estimated futures volume:26,900

 

 

5月限は寄り付きから値を下げ、90セント台後半を推移。米国早朝ごろから91.50を試す展開となるが、耐え切れず下落。その後は90セントから91セント付近の間を方向感を探りながら推移。結果、前日比58ポイント安の90.99/LBで引けた。推定出来高は26,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は独自の要因を欠き、市場参加者は様子見の姿勢。実需では相場が高値圏で推移し続けていることから米綿への引き合いは低調となっているが、価格の安いインド綿が中国やバングラデシュ向けに成約されているとのこと。

インドとパキスタンが、領有権を争うカシミール地方の国境地帯での紛争について、停戦で合意、協議が進む中、両者間の貿易が再開する見通しが強まり、今後インド綿がパキスタンに輸入され同国の米綿への需要が弱まる可能性に言及するアナリストもいる。

 

END.

2021年3月1日月曜日

NY FUTURES FEBRUARY 26,2021

ICE COTTON FUTURES

February 26, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21 87.88 87.88 87.81 87.82 -.42

May 21 89.44 89.63 87.28 88.83 -.86

Jul 21 90.20 90.43 88.17 89.71 -.66

Oct 21 85.77 85.77 84.76 85.18 -1.00

Dec 21 84.11 85.00 83.11 84.33 -.45

Mar 22 83.66 84.01 82.80 83.61 -.22

May 22 82.85 83.34 82.28 82.88 -.15

Jul 22 81.77 82.33 81.19 81.87 -.07

Oct 22   -     -     -   78.27 +.03

Dec 22 75.25 75.75 74.50 75.75 +.51

ICE estimated futures volume:52,100

 

5月限は寄り付きから小安く89セント付近を推移。一時87セント台前半まで割り込む場面もあったが回復。結果、前日比86ポイント安の88.83/LBで引けた。週間で165ポイント下げた。月間では699ポイント上げた。推定出来高は52,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は昨日の大幅な下落に伴う売の勢いが続き、値を下げている。米国債利回りが約1年ぶりの水準に高止まりしており、ドルが上昇したことが、商品相場全体の重荷になった。

昨日の大幅な値下げに伴い、5月限の未決済建玉は3,700枚減少。買いポジションの清算が行われたことが表れた。商品相場から米国債に資金が動いたものと推測される。

 

END.

2021年2月26日金曜日

NY FUTURES FEBRUARY 25,2021

ICE COTTON FUTURES

February 25, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21 91.89 92.95 89.44 88.24 -4.09

May 21 93.91 95.60 89.69 89.69 -4.00

Jul 21 94.59 96.22 90.33 90.37 -3.96

Oct 21 90.25 90.25 87.92 86.18 -3.11

Dec 21 87.82 89.28 84.25 84.78 -2.88

Mar 22 86.40 87.45 83.47 83.83 -2.11

May 22 85.21 86.22 83.33 83.03 -1.63

Jul 22 83.79 84.84 82.29 81.94 -1.30

Oct 22   -     -     -   78.24 unch

Dec 22 76.75 74.60 74.60 75.24 -1.45

ICE estimated futures volume:58,300

 

5月限は寄り付きから強く、まもなく100ポイント以上上げて95セント付近を推移。米国での取引が本格化する頃から、売りが先行し、引けにかけ右肩下がりで下げた。結果、前日比400ポイント安の89.69/LBで引けた。推定出来高は58,300枚。

【相場動向要因】

綿花相場はアジア時間中、中国を中心に堅調な綿花需要が聞かれ強気に推移。しかしながら、新型コロナのワクチン普及や大型経済刺激策を背景に経済回復の期待感から米長期金利が1年ぶりの水準まで上昇。それに伴い、多くの商品相場でリスク回避の売りの動きが広がった。綿花相場も昨今続く高値更新や買われすぎ感から、その動きに追随し、投機筋の利益確定の売りにより大きく値を下げた。

 

本日発表の週間輸出成約報告では、アジア圏の旧正月の影響で成約数量などの大幅な減少が予想されていたが、今季アップランド綿で約25万俵と堅調な成約数量が報告された。船積み数量も米国を襲う寒波の影響が心配されたが、全綿種で約30万俵と堅調に進捗している。

 

【米国農務省週間輸出成約報告】   

Week ending 2/18/2021

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 248,600           (中国 59,500 / トルコ 45,000 / ベトナム 43,500)

キャンセル           TOTAL : 800              (タイ ▲600 / ペルー ▲100)

NET                     TOTAL : 247,800           (中国 59,500 / トルコ 45,000 / トルコ 45,000)

船積                     TOTAL : 292,400           (中国 71,100 / ベトナム 66,400 / パキスタン 45,100)

◎ピマ綿                           

成約                     TOTAL : 11,900             (中国 4,500 / パキスタン 2,200 / 日本 1,900)

キャンセル           NIL       

NET                     TOTAL : 11,900             (中国 4,500 / パキスタン 2,200 / 日本 1,900)

船積                     TOTAL : 12,200             (インド 5,400 / 中国 2,500 / ベトナム 1,600)

2021/22 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 40,700             (メキシコ 61,000 / 中国 ▲20,200)

◎ピマ綿                           

成約                     NIL       

 

END.

2021年2月25日木曜日

NY FUTURES FEBRUARY 24,2021

ICE COTTON FUTURES

February 24, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21   -     -     -   92.33 +.96

May 21 92.67 94.16 92.14 93.69 +1.02

Jul 21 93.32 94.77 92.81 94.33 +1.00

Oct 21 88.50 88.50 88.50 89.29 +.89

Dec 21 86.68 88.04 86.31 87.66 +.91

Mar 22 84.95 86.30 84.95 85.94 +.68

May 22 83.92 85.01 83.92 84.66 +.55

Jul 22 82.62 83.59 82.62 83.24 +.48

Oct 22   -     -     -   79.59 +.59

Dec 22 76.20 76.75 76.19 76.69 +.49

ICE estimated futures volume:24,700

 

5月限は小安く寄り付くと動意薄で推移。米国早朝から徐々に値を上げはじめ、米国での取引が本格化する頃から加速。結果前日比102ポイント高の93.69/LBで引けた。推定出来高は24,700枚。

【相場動向要因】

5月限7月限では5営業日連続、12月限では14営業日連続で高値を更新している。投機筋も買いポジションを積み増ししているようだが、相場全体では積極的な買いが行われているというよりかは、売り手が少ないことも価格上昇の一因になっている模様。

また、引き続き、中国がインドやブラジルの綿花の購入を続けているとのうわさもあり、明日発表の週間輸出成約報告の成約数量に注目が集まる。また、米国を襲う歴史的大寒波による船積みのスローダウンも船積み数量に表れてくるものと見られる。

 

END.

2021年2月24日水曜日

NY FUTURES FEBRUARY 23,2021

ICE COTTON FUTURES

February 23, 2021

       Open  High  Low   Close Change

Mar 21 91.38 91.48 90.50 91.37 +.46

May 21 92.40 93.21 91.44 92.67 +.26

Jul 21 93.09 93.88 92.12 93.33 +.25

Oct 21   -     -     -   88.40 +.03

Dec 21 86.50 87.05 85.85 86.75 +.16

Mar 22 85.46 85.85 84.75 85.26 -.17

May 22 85.01 85.01 83.64 84.11 -.44

Jul 22 83.67 84.04 82.15 82.76 -.71

Oct 22   -     -     -   79.00 -.60

Dec 22 76.75 78.03 76.19 76.20 -.50

ICE estimated futures volume:26,800

 

5月限は寄り付きから値を上げ、まもなく93セント台に乗るも、耐え切れず下落。そのままじりじりと値を下げ92セントを割ったが、米国での取引が本格化する頃から反発。結果、前日比26ポイント高の92.67/LBで引けた。推定出来高は26,800枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は昨日の上げに乗じた、利益確定の売りが入り上げ幅は限られたもの堅調に推移。高値が続き、実需の動きは限定的。引き続き、相場は買われすぎ感が漂う。穀物相場も軒並み上昇しており、綿花相場を下支えする。

競合作物の大豆と綿花の価格が注目されている。引き続き、世界の堅調な大豆の需要により、農家にとっては綿花より大豆の方が実入りの良い価格となっている。先日の米国農務省の米国綿花の植え付け面積や生産数量予想について、一部では楽観的と見て供給量の下方修正を予想しているアナリストもいる。

 

ブラジル綿は昨年夏の大豆の植え付けが遅れた影響で収穫が遅れたため、その後の綿花の植え付けまでも遅れている。それに伴い、天候リスクを避けるために、綿花より生育期間が短いトウモロコシを植える生産者側の意思決定も見られ、21 CROPブラジル綿花生産量は10-15%ほどの減産が予想される。

 

END.