2018年7月13日金曜日

NY FUTURES JULY 12, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 12, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Oct 18 86.13 89.24 86.13 89.24 +4.00

Dec 18 84.51 88.54 84.45 88.54 +4.00

Mar 19 84.35 88.35 84.28 88.35 +4.00

May 19 84.24 88.23 84.24 88.23 +4.00

Jul 19 84.69 88.15 84.69 88.15 +4.00

Oct 19   -     -     -   82.72 +3.46

Dec 19 78.45 81.65 78.45 81.39 +2.94

Mar 20 79.10 80.06 79.10 81.30 +2.97

May 20   -     -     -   81.25 +2.97

Jul 20   -     -     -   81.32 +2.97

ICE estimated futures volume:25,900

 

 

NY定期12月限は、前日と同程度で寄付いた後、小幅な値動きで推移した。その後、米国農務省月間需給報告が発表されると値を上げ、最終的に前日比400ポイント高の88.54/LBで引けた。出来高は、25,900枚。

月間需給報告によると、2018/19CROPの米綿の生産量が約100万俵減少し、また、2018/19CROPの期初在庫が20万俵減少する見込みであると報告されている。

これは、西テキサスなどにおける天候不順によって、農家による放棄率上昇などが見込まれているためと思われる。一方で、週間輸出成約報告などで報告されているように米綿の成約量・輸出量が好調なため、2017/18CROPの期末在庫が減少し、それが2018/19CROPの期初在庫に反映されているようである。

米綿の供給量の減少が報告されている一方で、世界的な原綿の需要は、中国、バングラデシュ、パキスタンなどを中心に堅調であると報告されている。また、中国においても期末在庫の減少が報告されている。

世界的な原綿の生産量を見ると、米綿・豪州綿の減産が見込まれている一方で、ブラジル綿などの増産が見込まれている。

また、本日、米国農務省週間輸出成約報告も発表されている。

2017/18CROPの成約量は、およそ12万俵で、船積は、約26万俵と報告されている。2018/19CROPの成約は、約25万俵となっており、依然好調なようである。

 

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り

 

2017/2018 CROP

アップランド

成約:122,600俵(ベトナム 92,400 / トルコ 7,000俵)

 

キャンセル:▲1,000俵(日本 ▲500 / ベトナム ▲200俵)

 

船積:257,400俵(ベトナム 68,700 / トルコ 49,400俵)

 

ピマ

 

成約:1,900俵(タイ 1,100 / バングラデシュ 500俵)

 

キャンセル:なし

 

船積:17,200俵(中国 4,900 / インド 2,600俵)

 

2018/2019 CROP

アップランド

成約:251,400俵(ベトナム 126,900 / グアテマラ 48,400俵)

 

ピマ

 

成約:1,900俵(インド 1,300 / 中国 400 / エジプト 200俵)

 

END.

 

2018年7月12日木曜日

NY FUTURES JULY 11, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 11, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Oct 18 86.58 86.58 85.21 85.24 -2.26

Dec 18 85.88 86.30 84.34 84.54 -1.84

Mar 19 86.00 86.00 84.08 84.35 -1.67

May 19 85.48 85.48 84.05 84.23 -1.62

Jul 19 83.95 84.93 83.90 84.15 -1.46

Oct 19   -     -     -   79.26 -1.41

Dec 19 79.88 79.90 78.30 78.45 -1.44

Mar 20   -     -     -   78.33 -1.50

May 20   -     -     -   78.28 -1.50

Jul 20   -     -     -   78.35 -1.50

ICE estimated futures volume:15,500

 

 

NY定期12月限は、寄付きから大きく下落し、最終的に前日比184ポイント安の84.54/LBで引けた。出来高は、15,500枚。

米国が中国からの輸入品に対して10%の追加関税とその対象品目を発表した。その対象品目の中に、繊維製品が含まれていたことで、市場が反応し、大きく値を下げた模様。米国主要穀物相場および米国株式も軒並み値を下げている。また、中国国内相場ZCEも値を下げて引けている。

現地712日には、米国農務省週間輸出成約報告と米国農務省月間需給成約報告が発表される予定となっている。

米国農務省月間需給報告では、米綿と豪州綿の生産量が減少し、一方で、ブラジル綿の生産量が増加すると見られている。

 

 

END.

 

2018年7月11日水曜日

NY FUTURES JULY 10, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 10, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Oct 18 86.66 86.83 86.31 87.50 +.92

Dec 18 85.56 86.41 85.13 86.38 +.91

Mar 19 85.33 86.05 85.00 86.02 +.66

May 19 85.63 85.87 85.08 85.85 +.37

Jul 19 85.63 85.73 85.06 85.61 +.12

Oct 19   -     -     -   80.67 +.09

Dec 19 79.98 79.98 79.41 79.89 -.09

Mar 20   -     -     -   79.83 unch

May 20   -     -     -   79.78 +.12

Jul 20   -     -     -   79.85 +.12

ICE estimated futures volume:18,600

 

 

NY定期12月限は、前日と同程度で寄付いた後、動意薄で推移し、最終的に前日比91ポイント高の86.38/LBで引けた。出来高は、18,600枚。米中の貿易規制問題において、米国が中国からの輸入品に対して追加関税をかけると発表したことから、市場は様子見ムードとなり、少ない取引量の中で、小幅な増減で引けた模様。また、米国主要穀物相場は、軒並み小幅に下げて引けている。

一方、中国国内相場ZCEは、軒並み値を上げている。

また、現地712日には、米国農務省月間需給報告が発表される予定となっている。

テキサス州では、先週、西テキサスなどの一部地域で降雨が観測されたものの引き続き乾燥状態による作況への影響が懸念されている。

 

 

END.

 

2018年7月10日火曜日

NY FUTURES JULY 9,2018

ICE COTTON FUTURES

July 9, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18   -     -     -   87.16 +.78

Oct 18 85.96 87.09 85.43 86.58 +.93

Dec 18 84.35 85.72 84.14 85.47 +1.02

Mar 19 84.06 85.54 83.97 85.36 +1.08

May 19 84.30 85.85 84.28 85.48 +.99

Jul 19 84.52 85.96 84.52 85.49 +.85

Oct 19   -     -     -   80.58 +.87

Dec 19 78.66 79.99 78.66 79.98 +1.00

Mar 20   -     -     -   79.83 +.99

May 20   -     -     -   79.66 +.92

ICE estimated futures volume:21,600

 

 

NY定期12月限は、寄付きから徐々に値を上げ、最終的に前日比102ポイント高の85.47/LBで引けた。出来高は、21,600枚。中国による米国農産物に対する追加関税が実施されたが、中国国内の需要は堅調で、中国国内では、25%の追加関税を支払っても輸入綿の買付を行う紡績が多いとの報告もあり、追加関税による影響は、限定的な模様。

また、追加関税が実施されても、中国の周辺諸国の原綿輸入量が増加し、製品として中国に輸入されることで、世界的な原綿消費量は大きく変わらないという意見もある。中国国内相場ZCEは、軒並み値を上げている。

一方で、テキサス州では、西テキサスなどの一部地域で降雨が観測されたが、乾燥状態を大きく改善させるには至っておらず、さらなる降雨が望まれている。

また、本日発表された綿花作況進捗報告によると、現地78日時点で、15州平均で、前週よりもPoor, Very Poorの割合が増加しており、乾燥などの天候不順による作況への影響が窺える。詳細は、下記に記載。

週間着蕾状況は、現地78日時点で、15州平均が59%2013-2017年の5か年平均(55%)と比較すると順調のようである。テキサス州は、51%で、5か年平均は、44%となっている。

ボール形成状況は、15州平均で21%5か年平均は15%と報告されている。

 

 

綿花作況進捗報告の詳細は以下の通り;

 

 

Cotton Condition - Selected States: Week Ending July 8, 2018

[These 15 States planted 99% of the 2017 cotton acreage]

----------------------------------------------------------------------------

      State     : Very poor :   Poor    :   Fair    :   Good    : Excellent

----------------------------------------------------------------------------

                :                          percent                         

                :                                                          

Alabama ........:     1           7          21          53          18    

Arizona ........:     -           2          54          38           6    

Arkansas .......:     -           2          10          44          44    

California .....:     -           -          15          75          10    

Georgia ........:     1           6          24          60           9    

Kansas .........:     1           3          34          59           3    

Louisiana ......:     -           7          50          40           3    

Mississippi ....:     -           3          30          48          19    

Missouri .......:     -           5          32          56           7    

North Carolina .:     8          13          22          53           4    

Oklahoma .......:     9          16          37          34           4    

South Carolina .:     -           2          10          75          13    

Tennessee ......:     -           1           9          68          22    

Texas ..........:    13          29          37          19           2    

Virginia .......:     1           2          18          77           2    

                :                                                          

15 States ......:     8          19          32          34           7    

                :                                                          

Previous week ..:     6          18          33          36           7    

Previous year ..:     4           8          27          47          14    

----------------------------------------------------------------------------

-  Represents zero.  

 

 

END.

 

2018年7月9日月曜日

NY FUTURES JULY 6,2018

ICE COTTON FUTURES

July 6, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18 84.12 84.95 84.12 86.38 +2.65

Oct 18 83.34 85.84 83.31 85.65 +2.94

Dec 18 82.08 84.73 81.75 84.45 +2.49

Mar 19 81.95 84.50 81.72 84.28 +2.43

May 19 82.25 84.72 81.93 84.49 +2.39

Jul 19 82.12 84.85 82.10 84.64 +2.35

Oct 19   -     -     -   79.71 +2.30

Dec 19 76.00 79.18 76.00 78.98 +2.49

Mar 20   -     -     -   78.84 +2.49

May 20   -     -     -   78.74 +2.38

ICE estimated futures volume:22,400

 

 

NY定期12月限は、寄付きから動意薄で推移したものの、米国で取引が本格化すると値を上げ、最終的に前日比249ポイント高の84.45/LBで引けた。出来高は、22,400枚。本日76日以降着荷の米国農産物に対して中国政府が25%の追加関税を課すことの市場への影響は限定的と見られ、一部では、すでに織り込み済みとの意見もある。米綿の中国への輸入量が減少したとしても、ベトナムなど周辺諸国から中国が製品として輸入することが可能なため、周辺諸国の米綿輸入量が増加することとなるので、世界的な米綿の消費量は、大きく変わらないとの見方もある。

また、追加関税が課されるとはいえ、中国国内の需要は堅調な様子。

一方で、インド政府により原綿の最低購入価格が引き上げられたことで、パキスタンやバングラデシュなどの周辺諸国の米綿輸入量が増加するとの見方もある。

本日発表された米国農務省週間輸出成約報告の数字も好調であった。2017/2018CROPの成約量は、約58,000俵で、船積は、約270,000俵であった。キャンセル量も市場の予想より小さい数字となったようである。

 

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り;

 

2017/2018 CROP

アップランド

成約:58,200(トルコ 18,300 / ベトナム 8,500 / インドネシア 8,100)

 

キャンセル:▲40,200(ベトナム ▲13,800 / タイ ▲8,700 / インドネシア ▲6,900)

 

船積:411,600(トルコ 69,900 / ベトナム 66,600 / インドネシア 66,500)

 

ピマ

 

成約:8,200(ベトナム 2,600 / トルコ 2,500)

 

キャンセル:▲7,200(中国 ▲6,300 / インド ▲500)

 

船積:12,100(中国 3,500 / インド 2,400)

 

2018/2019CROP

アップランド

成約:268,200(インドネシア 67,300 / 韓国 59,100 / ベトナム 40,700)

 

ピマ

 

成約:▲33,400(韓国 ▲50,200 / 中国 11,100)

 

 

END.

 

2018年7月6日金曜日

NY FUTURES JULY 5, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 5, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18 84.44 84.44 83.73 83.73 -.81

Oct 18 84.13 84.13 82.71 82.71 -1.09

Dec 18 82.80 83.46 81.80 81.96 -.85

Mar 19 82.42 83.08 81.56 81.85 -.63

May 19 82.57 83.20 81.85 82.10 -.52

Jul 19 82.70 83.25 82.10 82.29 -.46

Oct 19   -     -     -   77.41 -.46

Dec 19 76.55 77.09 75.86 76.49 -.32

Mar 20   -     -     -   76.35 -.31

May 20   -     -     -   76.36 +.01

ICE estimated futures volume:20.600

 

 

NY定期12月限は、前日引け値と同程度で寄付いた後、方向感なく推移した。その後値を下げ、最終的に前日比85ポイント安の81.96/LBで引けた。出来高は、20,600枚。中国による米国農作物に対する追加関税の実施を目前に控え、様子見ムードから小幅で推移した後、やや値を下げて引けた模様。中国による追加関税は、76日以降着荷の貨物に対して課されることとなっている。米国主要穀物相場も軒並み小幅な増減で引けている。一方、中国国内相場ZCEは軒並み値を下げている。

今週は、現地74日が米国祝日で休場であったため、米国農務省週間輸出成約報告は、明日76日に発表される予定となっている。

テキサス州では、西テキサスの土壌の乾燥状態について、わずかながら改善が見られるという報告もあるが、依然として深刻な乾燥状態が続いている。

 

 

END.

 

2018年7月4日水曜日

NY FUTURES JULY 3, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 3, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18 84.44 84.44 84.44 84.54 +.04

Oct 18 84.00 84.18 83.50 83.80 +.03

Dec 18 83.07 83.66 82.60 82.81 -.12

Mar 19 82.91 83.37 82.39 82.48 -.27

May 19 83.15 83.42 82.55 82.62 -.29

Jul 19 82.81 83.50 82.70 82.75 -.25

Oct 19   -     -     -   77.87 -.32

Dec 19 76.80 77.34 76.50 76.81 +.02

Mar 20   -     -     -   76.66 +.04

May 20   -     -     -   76.35 +.04

ICE estimated futures volume:22,700

 

 

NY定期12月限は、寄付きから方向感なく推移し、米国で取引が本格化すると一時値を上げ、本日の高値を付けたが、その後値を戻し、最終的に前日比12ポイント安の82.81/LBで引けた。出来高は、22,700枚。現地74日が、米国祝日のため休場となることや76日以降の中国による追加関税の実施を前に、市場は様子見ムードとなり、小幅な増減で引けた模様。米国主要穀物相場も小幅な増減で引けている。

現地76日には、米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

テキサス州の天候は、西テキサスでは依然として降雨が見込まれておらず、深刻な乾燥状態が続いている。

 

 

END.

 

2018年7月3日火曜日

NY FUTURES JULY 2, 2018

ICE COTTON FUTURES

July 2, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18 84.44 84.44 84.44 84.50 -.88

Oct 18 86.00 86.00 83.73 83.77 -1.40

Dec 18 84.44 85.09 82.85 82.93 -.99

Mar 19 84.05 84.75 82.61 82.75 -.91

May 19 83.87 84.52 82.80 82.91 -.81

Jul 19 84.44 84.59 82.88 83.00 -.84

Oct 19   -     -     -   78.19 -.94

Dec 19 77.45 77.45 76.60 76.79 -.45

Mar 20 76.60 76.60 76.60 76.62 -.48

May 20   -     -     -   76.31 -.26

ICE estimated futures volume:24,400

 

 

NY定期12月限は、小高く寄り付いた後、徐々に値を下げ、最終的に前日比99ポイント安の82.93/LBで引けた。出来高は、24,400枚。

昨日発表された米国農務省2018年産綿作付反別予想による影響は限定的と見る意見が多く、市場参加者の注目は、植付面積よりも放棄率の方に向けられているようだ。

本日の定期相場は、先週末に微量ながら西テキサスで降雨が観測されたことや米中間の貿易規制問題などの影響から値を下げたものと思われる。

米国主要穀物相場は、軒並み値を下げており、この動きに引っ張られた部分もある模様。

米中間の貿易規制問題については、76日以降に中国に着荷する貨物について追加関税がかけられるとされている。一方で、中国国内の需要は堅調で、追加関税がかけられても中国の輸入量はそれほど大きく減少しないという見方もある。

いずれにせよ76日前後の市場の動きが注目されている。

本日発表された米国農務省週間着蕾状況報告では、71日時点の15州平均が、42%で、2013-2017年の5か年平均は、40%となっている。テキサス州は、31%で、5か年平均は、28%と報告されている。

また、ボール形成状況も報告されており、15州平均で12%2013-2017年の5か年平均で、9%となっている。テキサス州は13%で、5か年平均は、9%となっている。

 

END.

 

2018年7月2日月曜日

NY FUTURES JUNE 29,2018

ICE COTTON FUTURES

June 29, 2018

       Open  High  Low   Close Change

Jul 18 85.41 86.03 85.06 85.38 + .45

Oct 18 84.91 87.09 84.69 85.17 + .60

Dec 18 83.96 85.86 83.35 83.92 + .37

Mar 19 83.40 85.36 83.07 83.66 + .51

May 19 83.42 85.25 83.16 83.72 + .52

Jul 19 83.57 85.00 83.41 83.84 + .53

Oct 19   -     -     -   79.13 + .18

Dec 19 77.80 78.13 76.96 77.24 - .22

Mar 20 77.25 77.25 77.25 77.10 - .18

May 20   -     -     -   76.57 - .18

ICE estimated futures volume:26,600

 

 

NY定期12月限は、寄付きから動意薄で推移したが、米国農務省2018年産綿作付反別予想が発表されると一時値を上げ、本日の高値85.86¢/LBを付けた。しかし、その後値を戻し、最終的に前日比37ポイント高の83.92/LBで引けた。出来高は、26,600枚。12月限は、週間で138ポイント下げている。また、月間でみると、12月限は、772ポイント値を下げている。

本日の米国農務省2018年産綿作付反別予想では、全体で、約1,350万エーカーで、昨年から約100万エーカーの増加となった。アップランドは、約1,330万エーカーで、ピマは、約24万エーカーと報告されている。3月の2018年産綿作付予備調査の数値と比較すると、わずかに上方修正となっている。発表前の市場参加者の予想の平均値は、約1,370万エーカーであり、一部では、1,400万エーカーと予想する声もあったことから、今回は、予想に反して微増となったようだ。

また、米国農務省2018年産綿作付反別予想が、3月の報告から微増に留まったのに対して、現地612日の米国農務省月間需給報告で期末在庫が下方修正されたことや、テキサス州において深刻な土壌乾燥が観測されていることによる放棄率に対する懸念などから、今季の収穫量を悲観的にみる意見もある。

しかしながら、本日のNY定期相場は、これらの強気材料となる条件に対してそれほど反応を見せなかったようだ。

現地74日は、米国の祝日のため、定期相場は休場となる。

 

END.