2020年11月24日火曜日

NY FUTURES NOVEMBER 23,2020

ICE COTTON FUTURES

November 23, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 71.74 72.70 71.51 72.15 +1.27

Mar 21 72.99 74.27 72.77 73.80 +.84

May 21 73.84 75.08 73.63 74.65.+.86

Jul 21 74.32 75.62 74.32 75.24 +.84

Oct 21   -     -     -   72.44 +.91

Dec 21 70.70 71.64 70.64 71.50 +.93

Mar 22 72.00 72.32 72.00 72.36 +.89

May 22 72.67 72.78 72.67 72.84 +.92

Jul 22 73.04 73.18 73.04 73.23 +.96

Oct 22   -     -     -   71.23 +.96

ICE estimated futures volume:29,800

 

3月限は寄り付きから動意薄で推移していたが、米国深夜から徐々に上昇。米国での取引が本格化する頃に130ポイント近く一気に上昇し、74セント台を付けた。その後、徐々に落ち着きを取り戻し、結果前日比84ポイント高の73.80/LBで引けた。推定出来高は29,800枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は引き続き穀物相場の続伸に連れ高となった様子。すでに在庫逼迫で高値の更新を続ける大豆やまとまった数量の米国からの輸出契約が報告されているトウモロコシで、南米の乾燥による減産懸念が広まっていることが背景とされる。加えて、ドル安の傾向や新型コロナワクチンの実用化への期待感も相場を下支えしており、本日の綿花相場もを上げている。

 

US COTTON CROP PROGRESS

米国全体で綿花の収穫は77%完了し、先週より8%進んだ。ハリケーンで収穫が遅れていたSOUTHEASTでも順調に収穫が進んでいるようだが、一部州では引き続き例年よりも遅れている模様。

 

 

Cotton Harvested - Selected States

[These 15 States harvested 99% of the 2019 cotton acreage]

------------------------------------------------------------------------

                :               Week ending               :            

                :-----------------------------------------:            

      State     :November 22, :November 15, :November 22, :  2015-2019 

                :    2019     :    2020     :    2020     :   Average  

------------------------------------------------------------------------

                :                        percent                       

                :                                                      

Alabama ........:     90            71            81            83     

Arizona ........:     68            61            66            67     

Arkansas .......:     97            95            99            99     

California .....:     83            60            80            84     

Georgia ........:     83            61            73            77     

Kansas .........:     58            42            51            52     

Louisiana ......:     99            97            99            99     

Mississippi ....:     93            91            95            96     

Missouri .......:     90            78            91            95     

North Carolina .:     88            59            64            81     

Oklahoma .......:     70            54            70            67     

South Carolina .:     90            59            68            75     

Tennessee ......:     85            78            90            90     

Texas ..........:     65            68            74            60     

Virginia .......:     92            40            49            90     

                :                                                      

15 States ......:     75            69            77            71     

------------------------------------------------------------------------

 

END.

NY FUTURES NOVEMBER 20,2020

ICE COTTON FUTURES

November 20, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 69.32 71.25 69.32 70.88 +1.56

Mar 21 71.70 73.05 71.66 72.96 +1.29

May 21 72.62 73.87 72.57 73.79 +1.22

Jul 21 73.49 74.49 73.29 74.40 +1.13

Oct 21 71.55 71.55 71.55 71.53 +.56

Dec 21 70.52 71.08 70.28 70.57 +.25

Mar 22 71.24 71.24 71.23 71.47 +.30

May 22 71.73 71.73 71.72 71.92 +.27

Jul 22 72.10 72.10 72.09 72.27 +.27

Oct 22   -     -     -   70.27 +.27

ICE estimated futures volume:28,100

 

 

3月限は寄り付きから動意薄で推移していたが、米国深夜に反発。一気に100ポイント上げるとその後は、72セント台中盤を推移。米国午前中に一時72セントを割るも、その後再度急反発。引けにかけ値をあげた。結果、前日比129ポイント高の72.96/lbで引けた。出来高は28,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は12月限の第一回受渡通知日前最後の取引となり、すべり込みのポジション整理や値決めの動きがみられた。米国ファイザー社が新型コロナワクチンの緊急使用許可を申請すると発表し、早ければ12月中に実用化される見通しで経済の正常化の一助となる期待感が市場に広まり、相場を下支えした模様。

 

大豆は世界的な在庫の逼迫が懸念されており45か月ぶりの高値を更新。トウモロコシや小麦も値を上げている。原油もワクチンの期待感に下支えされ上げたが、米国ドルや米国株は、依然米国の新型コロナ新規感染者数が高水準で推移しており、目先の経済への不安感から下げている。

 

END.

 

2020年11月20日金曜日

NY FUTURES NOVEMBER 19,2020

ICE COTTON FUTURES

November 19, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 69.50 69.90 69.15 69.32 -.36

Mar 21 71.83 72.09 71.42 71.67 -.16

May 21 72.51 72.95 72.31 72.57 -.13

Jul 21 73.21 73.58 73.02 73.27 -.11

Oct 21   -     -     -   70.97 +.19

Dec 21 70.29 70.72 70.10 70.32 -.01

Mar 22 71.21 71.21 71.21 71.17 -.02

May 22 71.69 71.69 71.69 71.65 -.08

Jul 22 72.06 72.06 72.06 72.00 -.08

Oct 22   -     -     -   70.00 +.02

ICE estimated futures volume:24,400

 

NY定期3月限は、寄り付き後30PTSほど値を下げたが、その後反発し、本日最高値の72.09を付けた。しかし米国現地で取引が本格的になると徐々に値を下げていき、最終的に前日比16ポイント安の71.67/LBで引けた。

出来高は、24,400枚。

 

【相場動向要因】

 

本日、米国農務省より週間輸出成約報告が発表された。詳細は後述。2020/2021CROPの正味成約数量が131,400俵と前週比で45%減少。主に中国向け45,000俵ものキャンセルが大きく影響し、その結果を受けて綿花相場が弱気に推移したと思われる。一方、船積数量は中国向けが大きく牽引し、全体で277,300俵の前週比5%減と比較的堅調な結果に終わった。また来週月曜日に控える12月限の第1回受渡通知日まであと1日となり、トレーダーらによるポジション清算もかなり進んでいる様子。

 

米国株式市場ではダウ平均株価が前日比44.81ドル安の29,483.23ドルで引けた。新型コロナの感染が広がる中、米国の追加経済対策に関する協議が再開される見通しとなり、景気悪化への懸念がやや和らいだことが好感された模様。

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り(Week Ending November 12, 2020)

 

2020/2021CROP

 

アップランド

 

成約:179,300 (ベトナム 57,800 / パキスタン 33,100 / 中国 25,500)

 

キャンセル:▲47,900 (中国 ▲45,000 / 日本 ▲1,900 / バングラディッシュ 700)

 

船積:277,300 (中国 134,700 / パキスタン 34,800 / ベトナム 33,700)

 

 

ピマ

 

成約:4,600 (トルコ 1,600 / タイ 1,200 / エルサルバドル 600)

 

キャンセル:なし

 

船積:19,100 (中国 4,600 / インド 3,200 / ベトナム 3,200)

 

 

2021/2022CROP

 

アップランド

 

成約:なし

 

 

ピマ

 

成約:なし

 

END.

 

2020年11月19日木曜日

NY FUTURES NOVEMBER 18,2020

ICE COTTON FUTURES

November 18, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 68.96 69.76 68.92 69.68 +.57

Mar 21 71.11 71.95 71.11 71.83 +.53

May 21 72.04 72.80 72.04 72.70 +.52

Jul 21 72.82 73.49 72.80 73.38 +.51

Oct 21 70.00 70.00 70.00 70.78 +.36

Dec 21 69.69 70.40 69.69 70.33 +.59

Mar 22 71.22 71.22 71.22 71.23 +.60

May 22 71.76 71.76 71.76 71.73 +.60

Jul 22 72.13 72.13 72.13 72.08 +.60

Oct 22   -     -     -   69.98 +.60

ICE estimated futures volume:26,000

 

3月限は小安く寄り付いたがそのままじりじりと値を上げた。米国早朝から売りが先行し一時値を下げる展開となったが、米国の取引が活発化すると反発。結果、前日比53ポイント高の71.83/lbで引けた。推定出来高は26,000枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場の市場参加者は引き続き様子見の姿勢。来週月曜日に第一回受渡通知日を控える12月限のポジション清算が落ち着いてきたことで、出来高も減少している。実需も引き続き静かで、紡績による値決めは進んでいるものの、米国産新綿の出が若干スロー気味。穀物相場では大豆が続伸し、2016年以来の高値を更新。来月頃から来春の植え付けを決めるため、この高値により米国では大豆の植え付け増加が予想されており、綿花の植え付けに対する影響が注目されている。

 

END.

2020年11月18日水曜日

NY FUTURES NOVEMBER 17,2020

ICE COTTON FUTURES

November 17, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 69.57 69.88 68.85 69.11 -.46

Mar 21 71.58 71.91 71.00 71.30 -.28

May 21 72.52 72.76 71.89 72.18 -.28

Jul 21 73.24 73.41 72.58 72.87 -.25

Oct 21   -     -     -   70.42 -.40

Dec 21 70.05 70.17 69.46 69.74 -.14

Mar 22 70.79 70.81 70.47 70.63 -.11

May 22 71.27 71.29 71.27 71.13 +.04

Jul 22 71.59 71.68 71.59 71.48 +.14

Oct 22   -     -     -   69.38 +.29

ICE estimated futures volume:38,200

 

3月限は寄り付きからじりじりと値を上げ、米国東海岸時間の正午ごろに72セント付近をつけると耐え切れず下落。結果、前日比28ポイント安の71.30/LBで引けた。

 

【相場動向要因】

綿花相場は今後の綿花需要や世界経済の動向など先行き不透明感の中、方向感が定らず、市場参加者は様子見の姿勢。12月限の第1回受渡通知日を来週月曜に控え、ポジション清算の動きが中心。収穫やジン工程が進む中農家の値決めが進むが、期近積みの商いが中心。

 

10月の米国小売売上高は前月比0.3%増で市場予想を下回り、経済回復の鈍化に嫌気し、米国株は下落。一方、穀物相場では大豆の需給逼迫の可能性が広まり、投機筋が買いを進め大豆が上昇。今後、大豆価格は来季の綿花植え付け量に影響を与えるものとして動向が注視される。

 

END.

2020年11月17日火曜日

NY FUTURES NOVEMBER 16,2020

ICE COTTON FUTURES

November 16, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 68.40 70.00 68.40 69.57 +1.11

Mar 21 70.40 72.00 70.33 71.58 +1.18

May 21 71.37 72.87 71.25 72.46 +1.19

Jul 21 72.17 73.49 72.12 73.12 +1.16

Oct 21   -     -     -   70.82 +1.36

Dec 21 69.06 70.35 69.06 69.88 +1.03

Mar 22 69.96 70.36 69.96 70.74 +1.02

May 22   -     -     -   71.09 +1.02

Jul 22   -     -     -   71.34 +1.02

Oct 22   -     -     -   69.09 +1.02

ICE estimated futures volume:40,700

 

3月限は寄り付きから動意薄で推移していたが、米国深夜ごろからじりじりと値を上げ始め、米国取引が本格化し始めると100ポイントほど上昇。一時72セントを付けたが、その後落ち着き、結果前日比118ポイント高の71.58/LBで引けた。推定出来高は40,700枚。

 

【相場動向要因】

米国のモデルナ社が新型コロナワクチンの臨床試験で94.5%の有効性が確認されたと発表。それに伴い、経済正常化への期待感が高まり、穀物相場や米国株式が上昇。綿花もこの動きに追随。

綿花相場は12月限の清算の動きが引き続き中心。金曜日の取引では12月限の未決済建玉が18,000枚減少し、全体では13,100枚減少と、12月限からほかの限月に乗り換よりも、ポジションの清算が多く行われた模様。

 

US COTTON CROP PROGRESS

本日発表のCROP PROGRESS報告によると、米国全体で収穫は69%完了している。収穫は着実に進んでいるものの、やはりハリケーンの多かったSOUTHEASTでは引き続き例年より遅れ気味。

 

Cotton Harvested - Selected States

[These 15 States harvested 99% of the 2019 cotton acreage]

------------------------------------------------------------------------

                :               Week ending               :            

                :-----------------------------------------:            

      State     :November 15, : November 8, :November 15, :  2015-2019  

                :    2019     :    2020     :    2020     :   Average  

------------------------------------------------------------------------

                :                        percent                        

                :                                                      

Alabama ........:     84            57            71            77      

Arizona ........:     58            49            61            58      

Arkansas .......:     94            89            95            96      

California .....:     61            50            60            74      

Georgia ........:     78            52            61            70      

Kansas .........:     39            31            42            37      

Louisiana ......:     97            95            97            98      

Mississippi ....:     88            85            91            93      

Missouri .......:     82            63            78            91      

North Carolina .:     81            51            59            75      

Oklahoma .......:     57            42            54            54      

South Carolina .:     84            46            59            67      

Tennessee ......:     77            64            78            82      

Texas ..........:     54            62            68            52      

Virginia .......:     86            35            40            82      

                :                                                      

15 States ......:     66            61            69            64      

------------------------------------------------------------------------

 

END.

2020年11月16日月曜日

NY FUTURES NOVEMBER 13,2020

=Revised-2=

 

ICE COTTON FUTURES

November 13, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 68.45 68.77 68.22 68.46 -.02

Mar 21 70.55 70.75 70.18 70.40 -.22

May 21 71.44 71.60 71.09 71.27 -.29

Jul 21 72.09 72.28 71.77 71.96 -.32

Oct 21   -     -     -   69.46 -.46

Dec 21 69.00 69.22 68.69 68.85 -.32

Mar 22   -     -     -   69.72 -.32

May 22   -     -     -   70.07 -.32

Jul 22   -     -     -   70.32 -.32

Oct 22   -     -     -   68.07 -.32

ICE estimated futures volume:65,900

 

寄り付きから動意薄で推移。米国深夜に値を下げ68セント台前半まで割り込んだが、米国農務省から週間輸出成約報告が報告されると値を上げ本日高値を付けた。その後は耐え切れずわずかに下落。結果前日比2ポイント安の68.46/LBで引けた。55ポイントのレンジの狭い取引となった。推定出来高は65,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は引き続き12月限の清算の動きが中心。米国農務省週間輸出成約報告では今季UPLAND綿のパキスタン、ベトナム、トルコを中心に正味成約数量が約24万俵と好調であった。加えて、中国を最大仕向け地としUPLAND綿の船積みも約29万俵と好調であった。

 

穀物相場は各商品の期末在庫の逼迫の可能性から軒並み値を上げているが、原油は新型コロナの感染拡大による需要の低迷懸念から値を下げている。

 

 

【米国農務省週間輸出成約報告】   

今週の今季のUPLAND綿の正味成約数量23.78万俵は先週の11.55万俵から増加。過去4週の平均よりも30%高い数量となった。船積数量 29.3万俵も先週の27万俵から微増。週を追うごとに船積み数量は増加しており、過去4週平均より32UPしている。

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 247,000            (パキスタン 62,400 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,900)

キャンセル           TOTAL : 10,200          (中国 ▲4,500 / ペルー ▲2,200 / 日本 ▲1,100)

NET                      TOTAL : 236,800            (パキスタン 61,900 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,800)

 

船積                     TOTAL : 293,000            (中国 103,800 / ベトナム 58,900 / パキスタン 36,500)

 

◎ピマ綿                           

成約                     TOTAL : 20,500              (インド 12,200 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

キャンセル           TOTAL : 100 (インド ▲100)

NET                      TOTAL : 20,400              (インド 12,100 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

 

船積                     TOTAL : 21,700              (インド 11,900 / パキスタン 2,900 / 中国 2,600)

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 14,800              (ベトナム 11,000 / メキシコ 3,500 / コスタリカ 400)

◎ピマ綿                           

成約                     NIL

 

END.

NY FUTURES NOVEMBER 13,2020

=Revised=

 

ICE COTTON FUTURES

November 13, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 68.45 68.77 68.22 68.46 -.02

Mar 21 70.55 70.75 70.18 70.40 -.22

May 21 71.44 71.60 71.09 71.27 -.29

Jul 21 72.09 72.28 71.77 71.96 -.32

Oct 21   -     -     -   69.46 -.46

Dec 21 69.00 69.22 68.69 68.85 -.32

Mar 22   -     -     -   69.72 -.32

May 22   -     -     -   70.07 -.32

Jul 22   -     -     -   70.32 -.32

Oct 22   -     -     -   68.07 unch

ICE estimated futures volume:65,900

 

寄り付きから動意薄で推移。米国深夜に値を下げ68セント台前半まで割り込んだが、米国農務省から週間輸出成約報告が報告されると値を上げ本日高値を付けた。その後は耐え切れずわずかに下落。結果前日比2ポイント安の68.46/LBで引けた。55ポイントのレンジの狭い取引となった。推定出来高は65,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は引き続き12月限の清算の動きが中心。米国農務省週間輸出成約報告では今季UPLAND綿のパキスタン、ベトナム、トルコを中心に正味成約数量が約24万俵と好調であった。加えて、中国を最大仕向け地としUPLAND綿の船積みも約29万俵と好調であった。

 

穀物相場は各商品の期末在庫の逼迫の可能性から軒並み値を上げているが、原油は新型コロナの感染拡大による需要の低迷懸念から値を下げている。

 

 

【米国農務省週間輸出成約報告】   

今週の今季のUPLAND綿の正味成約数量23.78万俵は先週の11.55万俵から増加。過去4週の平均よりも30%高い数量となった。船積数量 29.3万俵も先週の27万俵から微増。週を追うごとに船積み数量は増加しており、過去4週平均より32UPしている。

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 247,000            (パキスタン 62,400 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,900)

キャンセル           TOTAL : 10,200          (中国 ▲4,500 / ペルー ▲2,200 / 日本 ▲1,100)

NET                      TOTAL : 236,800            (パキスタン 61,900 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,800)

 

船積                     TOTAL : 293,000            (中国 103,800 / ベトナム 58,900 / パキスタン 36,500)

 

◎ピマ綿                           

成約                     TOTAL : 20,500              (インド 12,200 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

キャンセル           TOTAL : 100 (インド ▲100)

NET                      TOTAL : 20,400              (インド 12,100 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

 

船積                     TOTAL : 21,700              (インド 11,900 / パキスタン 2,900 / 中国 2,600)

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 14,800              (ベトナム 11,000 / メキシコ 3,500 / コスタリカ 400)

◎ピマ綿                           

成約                     NIL

 

END.

NY FUTURES NOVEMBER 13,2020

ICE COTTON FUTURES

November 13, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 68.45 68.77 68.22 68.46 -.02

Mar 21 70.55 70.75 70.18 70.40 -.22

May 21 71.44 71.60 71.09 71.27 -.29

Jul 21 72.09 72.28 71.77 71.96 -.32

Oct 21   -     -     -   69.46 -.46

Dec 21 69.00 69.22 68.69 68.85 -.32

Mar 22   -     -     -   69.72 -.32

May 22   -     -     -   70.07 -.32

Jul 22   -     -     -   70.32 -.32

Oct 20   -     -     -   68.07 unch

ICE estimated futures volume:65,900

 

寄り付きから動意薄で推移。米国深夜に値を下げ68セント台前半まで割り込んだが、米国農務省から週間輸出成約報告が報告されると値を上げ本日高値を付けた。その後は耐え切れずわずかに下落。結果前日比2ポイント安の68.46/LBで引けた。55ポイントのレンジの狭い取引となった。推定出来高は65,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は引き続き12月限の清算の動きが中心。米国農務省週間輸出成約報告では今季UPLAND綿のパキスタン、ベトナム、トルコを中心に正味成約数量が約24万俵と好調であった。加えて、中国を最大仕向け地としUPLAND綿の船積みも約29万俵と好調であった。

 

穀物相場は各商品の期末在庫の逼迫の可能性から軒並み値を上げているが、原油は新型コロナの感染拡大による需要の低迷懸念から値を下げている。

 

 

【米国農務省週間輸出成約報告】   

今週の今季のUPLAND綿の正味成約数量23.78万俵は先週の11.55万俵から増加。過去4週の平均よりも30%高い数量となった。船積数量 29.3万俵も先週の27万俵から微増。週を追うごとに船積み数量は増加しており、過去4週平均より32UPしている。

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 247,000            (パキスタン 62,400 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,900)

キャンセル           TOTAL : 10,200          (中国 ▲4,500 / ペルー ▲2,200 / 日本 ▲1,100)

NET                      TOTAL : 236,800            (パキスタン 61,900 / ベトナム 56,000 / トルコ 42,800)

 

船積                     TOTAL : 293,000            (中国 103,800 / ベトナム 58,900 / パキスタン 36,500)

 

◎ピマ綿                           

成約                     TOTAL : 20,500              (インド 12,200 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

キャンセル           TOTAL : 100 (インド ▲100)

NET                      TOTAL : 20,400              (インド 12,100 / 中国 4,400 / バングラデシュ 1,400)

 

船積                     TOTAL : 21,700              (インド 11,900 / パキスタン 2,900 / 中国 2,600)

 

2020/21 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 14,800              (ベトナム 11,000 / メキシコ 3,500 / コスタリカ 400)

◎ピマ綿                           

成約                     NIL

 

END.

2020年11月13日金曜日

NY FUTURES NOVEMBER 12,2020

ICE COTTON FUTURES

November 12, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 69.36 69.42 68.37 68.48 -.80

Mar 21 71.30 71.69 70.54 70.62 -.76

May 21 72.27 72.59 71.46 71.56 -.78

Jul 21 73.00 73.29 72.18 72.28 -.78

Oct 21   -     -     -   69.92 -.65

Dec 21 69.88 70.15 69.15 69.17 -.77

Mar 22   -     -     -   70.04 -.79

May 22   -     -     -   70.39 -.79

Jul 22   -     -     -   70.64 -.69

Oct 20   -     -     -   68.39 unch

ICE estimated futures volume:65,900

 

寄り付きから昨日引け値付近を動意薄で推移していたが、米国午前中に100ポイントほど下落。結果、前日比80ポイント安の68.48/LBで引けた。推定出来高は65,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は大手ファンド筋の限月乗り換えや利益確定の売りによるプレッシャーに加え、先日発表の需給報告の内容を精査しており、昨日に引き続き値を下げた模様。

世界的に綿花実需は引き続き欧米での新型コロナ感染拡大を背景に再び都市封鎖などの懸念が残り、需要の低迷を危惧して、安値の低級品の期近積みの商売が中心となり、静かな状態。

穀物相場は強気な需給報告で値を上げていたが投機の利益確定の売りにより下落、他商品相場についても新型コロナのワクチンへの期待感で上げていたが、景気不透明感も広がり、少々疲れ気味の様子で下落。

 

 

END.

2020年11月12日木曜日

NY FUTURES NOVEMBER 11,2020

 

ICE COTTON FUTURES

November 11, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 69.94 70.38 69.25 69.28 -.57

Mar 21 71.79 72.19 71.29 71.38 -.27

May 21 72.85 73.13 72.28 72.34 -.30

Jul 21 73.62 73.81 73.00 73.06 -.31

Oct 21   -     -     -   70.57 -.30

Dec 21 70.46 70.68 69.85 69.94 -.31

Mar 22   -     -     -   70.83 -.34

May 22   -     -     -   71.18 -.34

Jul 22   -     -     -   71.33 -.39

Oct 22   -     -     -   69.08 -.24

ICE estimated futures volume:59,100

 

寄り付きから値を上げたが、そのままゆっくりと値を下げる展開。米国での取引が本格化する頃に下げ幅が広がり、結果前日比57ポイント安の69.28/LBで引けた。推定出来高は59,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は期近12月限の清算の動きが中心となっており、全体の未決済建玉は減少が続く。市場は昨日発表の米国農務省需給報告の米国生産量の上方修正に戸惑いながらも、今後の下方修正を信じる参加者も多く、下げ幅は限定的。

熱帯低気圧エータはフロリダ付近から上陸し、ジョージア・ノースカロライナ・サウスカロライナなどSOUTHEASTに降雨をもたらすと予測されており、収穫への影響が引き続き懸念されている。

 

現地金曜日には12月限のOPTION取引が終了、加えて米国祝日の為、週間輸出成約報告が一日遅れで発表される。

 

END.

2020年11月11日水曜日

NY FUTURES NOVEMBER 10,2020

ICE COTTON FUTURES

November 10, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Dec 20 70.00 70.16 69.11 69.85 -.15

Mar 21 71.68 71.94 70.88 71.65 -.03

May 21 72.39 72.79 71.80 72.64 +.09

Jul 21 73.08 73.47 72.52 73.37 +.11

Oct 21   -     -     -   70.87 +.31

Dec 21 69.82 70.30 69.55 70.25 +.32

Mar 22 71.01 71.01 71.01 71.17 +.35

May 22   -     -     -   71.52 +.35

Jul 22   -     -     -   71.72 +.35

Oct 20   -     -     -   69.32 unch

ICE estimated futures volume:79,600

 

寄り付きから市場は様子見の姿勢で、70セント付近を方向感なく推移。米国農務省から需給報告がリリースされると69セント付近まで下落したが、引けにかけ値を戻した。結果、前日比15ポイント安の69.85/LBで引けた。

 

【相場動向要因】

米国農務省から発表された11月度の需給報告では生産量が50万俵下方修正されると予想されていたが、一部の州でイールドが上昇修正されたことで、わずかに上方修正。加えて、世界期末在庫もわずかに上方修正され、弱材料となった。しかしながら、市場では米国綿花の生産量の下方修正が今後入るとの考えも根強い。一方で、大豆やトウモロコシは予想より少ない生産量が発表されたことを受けて、値をあげており、綿花相場もそれに伴い値を戻した模様。大豆の大幅な値上げにより来季の植え付けが増加すれば、綿花の植え付け量に影響を与える可能性もある。

 

【米国農務省需給報告】

綿花生産量では、パキスタンで80万俵の下方修正が加えられたが、オーストラリアで40万俵、中国で25万俵

米国で4万俵上方修正され、世界全体で16万俵の下方修正となった。消費量はパキスタンで20万俵下方修正。ブラジルで期初在庫が33万俵上方修正された。結果、世界期末在庫は101.44百万俵と先月から31万俵の上方修正となり高水準を維持。

 

                               World Cotton Supply and Use 1/

                                (Million 480-pound bales)

=============================================================================

                     beginning                domestic exports         ending

                       stocks   prod  imports    use     use   loss 2/ stocks

=============================================================================

                                           2020/21 (Projected)

World

                  Oct   99.21  116.27   42.23  114.21   42.24    0.13  101.13

                  Nov   99.59  116.11   42.84  114.05   42.87    0.18  101.44

World Less China

                  Oct   62.31   89.02   32.73   76.71   42.11    0.13   65.11

                  Nov   62.69   88.61   33.34   76.55   42.75    0.18   65.16

United States

                  Oct    7.25   17.05      3/    2.50   14.60    0.00    7.20

                  Nov    7.25   17.09      3/    2.50   14.60    0.05    7.20

Total foreign

                  Oct   91.96   99.23   42.23  111.71   27.64    0.13   93.93

                  Nov   92.34   99.02   42.83  111.55   28.27    0.13   94.24

Major exporters 4/

                  Oct   40.42   57.40    1.71   31.83   23.87    0.02   43.81

                  Nov   40.74   57.83    1.71   31.88   24.42    0.02   43.9

Central Asia 5/   Oct    2.72    5.72      3/    4.14    1.51    0.00    2.80

                  Nov    2.72    5.75      3/    4.19    1.56    0.00    2.72

Afr Fr Z 6/       Oct    2.53    5.00      3/    0.14    4.98    0.00    2.41

                  Nov    2.53    5.00      3/    0.14    4.98    0.00    2.41

Australia         Oct    0.80    2.10      3/    0.04    1.30    0.00    1.57

                  Nov    0.80    2.50      3/    0.04    1.50    0.00    1.77

Brazil            Oct   14.07   12.00    0.03    3.00    9.70    0.00   13.40

                  Nov   14.40   12.00    0.03    3.00   10.00    0.00   13.43

India             Oct   17.88   30.00    1.00   23.00    5.00    0.00   20.88

                  Nov   17.88   30.00    1.00   23.00    5.00    0.00   20.88

Major importers 8/

                  Oct   49.07   38.66   37.97   75.93    2.35    0.11   47.32

                  Nov   49.12   38.03   38.58   75.72    2.43    0.11   47.47

Mexico            Oct    0.67    1.05    0.60    1.60    0.20    0.03    0.49

                  Nov    0.67    1.05    0.60    1.60    0.20    0.03    0.49

China             Oct   36.90   27.25    9.50   37.50    0.13    0.00   36.02

                  Nov   36.90   27.50    9.50   37.50    0.13    0.00   36.27

EU-27 9/          Oct    0.35    1.61    0.60    0.67    1.60    0.03    0.27

                  Nov    0.34    1.53    0.61    0.66    1.58    0.03    0.21

Turkey            Oct    2.71    2.80    4.30    7.00    0.33    0.00    2.49

                  Nov    2.77    2.80    4.40    7.00    0.45    0.00    2.52

Pakistan          Oct    3.39    5.80    3.80   10.00    0.08    0.03    2.89

                  Nov    3.39    5.00    4.30    9.80    0.05    0.03    2.82

Indonesia         Oct    0.54      3/    2.90    2.90    0.01    0.00    0.54

                  Nov    0.54      3/    2.90    2.90    0.01    0.00    0.54

Thailand          Oct    0.15      3/    0.85    0.83    0.00    0.03    0.15

                  Nov    0.15      3/    0.85    0.83    0.00    0.03    0.15

Bangladesh        Oct    2.42    0.15    7.30    7.30    0.00    0.01    2.55

                  Nov    2.42    0.15    7.30    7.30    0.00    0.01    2.55

Vietnam           Oct    1.61      3/    6.80    6.80    0.00    0.00    1.61

                  Nov    1.61      3/    6.80    6.80    0.00    0.00    1.61

=============================================================================

 

END.