2022年1月27日木曜日

NY FUTURES JANUARY 26,2022

ICE COTTON FUTURES

January 26, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 120.93 122.69 120.77 122.33 +1.41

May 22 118.40 120.21 118.23 119.92 +1.48

Jul 22 115.21 117.03 115.21 116.92 +1.16

Oct 22 105.97 105.97 105.91 105.91 +1.76

Dec 22  98.93  99.39  98.56  99.37 +.53

Mar 23  95.53  95.98  95.33  95.98 +.45

May 23  92.90  93.25  92.90  93.25 +.48

Jul 23  90.75  90.92  90.75  90.92 +.82

Oct 23    -      -      -    85.54 +.44

Dec 23  80.52  80.69  80.33  80.84 -.02

ICE estimated futures volume:26,100

 

3月限は寄付きから右肩上がりで推移。米国早朝までに121セント後半まで上げたが、一時下落。しかし、米国で取引が本格化すると急反発。結果、前日比141ポイント高の122.33/LBで引けた。推定出来高は26,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は独自のニュースはなかったが、引き続きパキスタンを中心に堅調な需要が聞かれている。中国は来週から旧正月の休暇がはじまり、徐々にホリデームードも高まりつつある。

取引終了後に発表されたFOMCの結果はほぼ市場予想の範疇であった。FRBはインフレ抑制に向けて3月に利上げを始める方針を示したほか、市場は2022年に45回の利上げを想定し、保有資産の圧縮も進む見通し。失業率の改善も金融政策の正常化を後押しした。

 

END.

2022年1月26日水曜日

NY FUTURES JANUARY 25,2022

ICE COTTON FUTURES

January 25, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 120.40 121.44 120.05 120.92 +.54

May 22 117.65 118.80 117.56 118.44 +.65

Jul 22 115.05 116.19 115.02 115.76 +.54

Oct 22    -      -      -   104.15 +.58

Dec 22  98.10  98.92  98.05  98.84 +.48

Mar 23  95.80  95.80  95.15  95.53 +.13

May 23  93.48  93.48  92.68  92.77 -.10

Jul 23  91.22  91.25  90.00  90.10 -.40

Oct 23    -      -      -    85.10 -.18

Dec 23  80.65  80.65  80.50  80.50 +.70

ICE estimated futures volume:27,500

 

 

3月限は寄付きから小高く推移し、米国未明に121セント中盤まで値を上げたが、米国午前中にかけ120セント付近まで下落。その後、引けにかけ持ち直す展開。結果、前日比54ポイント高の120.92/lbで引けた。推定出来高は27,500枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は他商品相場同様、FOMCの結果やウクライナ情勢を気にしながらの取引が続く。26日に発表されるFOMCでは金融の引き締めに前向きな姿勢が示されると見られており、市場参加者はそれを織り込みながらの動き。また、穀物相場や原油はロシアがウクライナに侵攻した際には需給が逼迫すると踏んだ買いで値を上げている。

綿花独自の要因では、引き続き未値決めの売契約数量が買契約数量を大きく上回っていることに加えて、インド・パキスタン・バングラデシュ・トルコなどを中心に堅調な綿花需要が聞かれ、120セント台に突入しても衰えていないことが相場を下支えする。

米国ではテキサス州から西海岸にかけ、引き続き乾燥状態が続き、来季クロップへの影響が注目される。

 

END.

2022年1月25日火曜日

NY FUTURES JANUARY 24,2022

ICE COTTON FUTURES

January 24, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 121.20 122.50 119.20 120.38 -.37

May 22 118.32 119.61 116.72 117.79 -.19

Jul 22 115.69 116.81 114.20 115.22 -.22

Oct 22    -      -      -   103.57 -.52

Dec 22  99.00  99.25  97.30  98.36 -.49

Mar 23  96.04  96.04  94.45  95.40 -.45

May 23  92.55  92.87  92.52  92.87 -.48

Jul 23  91.25  91.25  90.30  90.50 -.40

Oct 23    -      -      -    85.28 -.17

Dec 23  80.45  80.65  79.79  79.80 -.55

ICE estimated futures volume:33,600

 

 

3月限は小高く寄り付くと121セント台を動意薄で推移。米国早朝から徐々に値を上げはじめ、米国での取引が本格化する直前に本日の高値 122.50を付けると急落。一時、120セントを割るも引けにかけ回復。結果、前日比37ポイント安の120.38/lbで引けた。推定出来高は33,600枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、米国の早期の金融政策正常化を意識した、リスクオフの動きで値を下げている。

加えて、ウクライナ情勢を巡るロシアの軍事行動に対して緊張が高まるなど、地政学リスクが原油・穀物相場・米国株への重荷となり、米国取引時間中に値を下げる場面があり、綿花相場も追随した模様。

 

END.

2022年1月24日月曜日

NY FUTURES JANUARY 21,2022

ICE COTTON FUTURES

January 21, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 121.86 122.88 120.67 120.75 -2.12

May 22 118.94 119.60 117.92 117.98 -1.69

Jul 22 116.36 116.76 115.39 115.44 -1.43

Oct 22    -      -      -   104.09 -.68

Dec 22  98.88  98.88  97.87  98.85 -.16

Mar 23  95.30  95.85  94.65  95.85 -.04

May 23  93.00  93.35  92.70  93.35 +.06 

Jul 23  90.28  90.90  90.24  90.90 +.30

Oct 23    -      -      -    85.45 +.45

Dec 23  80.28  80.53  80.01  80.35 -.10

ICE estimated futures volume:28,400

 

3月限は値を下げて寄り付いたのち、122セント前半を方向感を探りながらの推移。米国早朝に値を上げ123セントを試す展開となったが、取引が本格化すると下落。結果、前日比212セント安の120.75/LBで引けた。週間では105ポイント上げた。推定出来高は28,400枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は、商品相場全体が軟調に推移し、追随。米連邦準備理事会(FRB)による金融正常化への警戒が高まり、投機筋の利益確定売りが入り、米国株や穀物相場なども綿花相場とともに、軒並み下落している。一方で、本日発表のCFTC ON-CALL REPORTでは紡績による値決めが遅遅として進んでおらず、3月限ベースでの未値決めの売契約残が買契約残の約5倍となっており、引き続き底堅い相場付きが予想される。

 

【米国農務省週間輸出成約報告】

今季のアップランド綿の成約数量は27.30万俵と先週からは減少しているものの、まずまずの進捗。船積み数量は、年間目標への到達のために必要な週間輸出数量には及ばないものの、19.87万俵とここ4週の平均と比較して41%増加と、このまま回復していくことが期待される。

                           

                           

2021/22 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 274,400           (パキスタン 62,700 / 中国 55,800 / ベトナム 34,400)

キャンセル           TOTAL : 1,400           (メキシコ ▲1,300 )

NET                     TOTAL : 273,000           (パキスタン 62,700 / 中国 62,200 / バングラデシュ 28,100)

船積                     TOTAL : 198,700           (中国 55,200 / ベトナム 54,200 / メキシコ 31,200)

◎ピマ綿                           

成約                     TOTAL : 3,800               (インド 1,200 / イタリア 500 / 日本 500)

キャンセル           NIL       

NET                     TOTAL : 3,800               (インド 1,200 / イタリア 500 / 日本 500)

船積                     TOTAL : 7,500               (インド 2,400 / ペルー 1,500 / パキスタン 1,000)

2022/23 CROP              

◎アップランド綿                           

成約                     TOTAL : 139,200           (パキスタン 95,000 / ホンジュラス 22,200 / トルコ 8,800)

◎ピマ綿                           

成約                     NIL       

 

END.

2022年1月21日金曜日

NY FUTURES JANUARY 20,2022

ICE COTTON FUTURES

January 20, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 123.98 124.78 122.11 122.87 -1.08

May 22 120.45 121.17 119.03 119.67 -.78

Jul 22 117.66 118.02 116.22 116.87 -.44

Oct 22    -      -      -   104.77 unch

Dec 22  99.00  99.40  98.46  99.01 -.17

Mar 23  95.38  95.95  95.38  95.89 +.01

May 23  92.71  93.29  92.71  93.29 -.19 

Jul 23  90.03  90.63  90.00  90.60 -.38

Oct 23    -      -      -    85.00 -.48

Dec 23  81.10  81.20  80.41  80.45 -.58

ICE estimated futures volume:26,200

 

 

3月限は寄付きから値を上げていたが、米国未明ごろから下落。123セント前半で下げ止まったものの、米国で取引が本格化すると方向感を探りながら推移した後、引けに近づく頃から値を下げた。結果、前日比108ポイント安の122.87/lbで引けた。推定出来高は26,200枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場はここ最近の強気な推移が落ち着き、技術的な要因で売りが先行した。商品相場はまちまちの動きの中、大豆や原油は値を上げたものの、綿花は追随できず、投機筋はここ最近の綿花の上げに乗じて利益確定の売りを入れた。

 

週間輸出成約報告は月曜日の米国祝日の影響で、1日遅れで明日発表となる。

 

END.

2022年1月20日木曜日

NY FUTURES JANUARY 19,2022

ICE COTTON FUTURES

January 19, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 121.09 124.78 120.91 123.95 +2.87

May 22 117.73 121.11 117.62 120.45 +2.74

Jul 22 114.64 117.58 114.59 117.31 +2.65

Oct 22 104.34 104.84 104.34 104.77 +.96

Dec 22  97.90  99.22  97.77  99.18 +1.34

Mar 23  94.75  95.88  94.74  95.88 +1.40

May 23  92.20  93.48  91.95  93.48 +1.60 

Jul 23  89.18  90.99  89.18  90.98 +1.70

Oct 23    -      -      -    85.48 +1.13

Dec 23  80.25  81.10  80.25  81.03 +.68

ICE estimated futures volume:33,600

 

3月限は寄付きから右肩上がりで推移。米国取引時間中は125セントを試しながらも到達できずに小動き。結果、前日比287ポイント高の123.95/LBで引けた。推定出来高は33,600枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場はほぼすべての限月で高値を更新。農家の値決めがほぼ完了していることで、投機筋は売る理由がないことから、買いが先行し強気な推移が続く。インフレを背景とした、商品相場への投資も継続しており、今後も底堅い推移が予想されている。

 

END.

2022年1月19日水曜日

NY FUTURES JANUARY 18,2022

ICE COTTON FUTURES

January 18, 2022

       Open   High   Low    Close Change

Mar 22 119.77 121.37 119.05 121.08 +1.38

May 22 116.48 117.90 115.75 117.71 +1.37

Jul 22 113.58 114.73 112.84 114.66 +1.30

Oct 22    -      -      -   103.81 +1.08

Dec 22  96.83  97.95  96.66  97.84 +1.01

Mar 23  93.39  94.52  93.39  94.48 +1.39

May 23  90.78  92.53  90.78  91.88 +1.77 

Jul 23  88.04  90.49  88.04  89.28 +2.16

Oct 23    -      -      -    84.35 +.72

Dec 23  80.00  80.60  79.75  80.35 +.21

ICE estimated futures volume:30,500

 

 

3月限は寄付きから120セントを突破しようと試みながらも、なかなか突破できず小動きに始終。しかし、米国で取引が本格化すると、あっという間に120セントを突破。121セント後半に向かうあたりで失速。結果、前日比138ポイント高の121.08/lbで引けた。推定出来高は30,500枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は他商品相場が値を下げる中、独自に強気な推移。特記すべきニュースはないものの、昨日の取引で3月限が120セントを付けたことで、更なる上昇をおそれた実需筋の買いや、投機筋の買いが進んだ模様。また、西テキサスでも乾燥傾向が続いており、来季クロップへの懸念も一部で買いを誘った模様。

 

END.