2020年2月21日金曜日

NY FUTURES FEBRUARY 20,2020

ICE COTTON FUTURES

February 20, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 68.40 68.80 67.73 68.75 +.27

May 20 69.80 69.81 68.88 69.37 -.28

Jul 20 70.51 70.59 69.73 70.24 -.23

Oct 20   -     -     -   69.64 +.02

Dec 20 70.30 70.35 69.57 70.04 -.20

Mar 21 70.83 70.83 70.23 70.70 -.07

May 21   -     -     -   70.87 -.14

Jul 21   -     -     -   70.77 -.09

Oct 21   -     -     -   68.27 +.11

Dec 21 67.65 68.00 67.65 67.97 +.31

ICE estimated futures volume:42,100

               

 

NY定期5月限は、前日引値と同値水準で寄り付いた後、方向感なく推移。その後じりじりと値を下げたが、取引時間終盤に値を戻し、最終的に前日比28ポイント安の69.37/LBで引けた。

出来高は、42,100枚。

 【相場動向要因】

世界中で新型コロナウィルスの新たな感染者数・死者数が報告されている中、米連邦準備制度理事会(FRB)は依然として米国経済に対し楽観的な見方をしており、「年内利下げの可能性は高くない」と表明し、米国株式市場は軟調に推移。米国穀物市場も米国農務省による報告で、来季のコーン、大豆の作付け面積が増えるとの予想が示されたこともあり軟調に推移した。

米国綿花市場は材料が乏しかったこともあり、比較的落ち着いた値動きが続いた。現地224日に期近3月限の第一回受渡通知日を迎えるため、限月乗換による取引が活発に行われた模様。

また中国綿花市場は依然として新型コロナウィルスの影響で工場の稼働や物流において制限があり、停滞した動きが続いている様子。

 

現地217日が休日だったため、一日遅れの221日に米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

 

END.

 

2020年2月20日木曜日

NY FUTURES FEBRUARY 19,2020

ICE COTTON FUTURES

February 19, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 67.94 69.03 67.94 68.48 +.61

May 20 69.02 70.24 69.01 69.65 +.78

Jul 20 69.85 71.02 69.85 70.47 +.77

Oct 20 70.73 70.73 69.30 69.62 -.12

Dec 20 69.55 70.65 69.55 70.24 +.80

Mar 21 70.56 71.13 70.56 70.77 +.72

May 21 70.75 71.12 70.71 71.01 +.75

Jul 21 70.62 70.85 70.50 70.86 +.70

Oct 21   -     -     -   68.16 +.40

Dec 21 67.60 67.65 67.60 67.66 +.20

ICE estimated futures volume:48,800

               

 

 

NY定期5月限は寄り付きから小幅な値動きで推移していたが、取引後半に値を上げ、本日の高値を付けた。その後値を戻したものの、最終的に前日比78ポイント高の69.65/LBで引けた。出来高は、48,800枚。

 

 

【相場動向要因】

綿花相場特有のファンダメンタルは乏しく、米中第一段階合意と新型コロナウイルスに関するニュースが世界経済に影響を与えており、綿花相場もその動きの中で推移している状況となっている。

 

期近3月限の第一回受渡通知日を現地224日に控え、期近限月を中心としたポジション限月乗り換えやポジション整理の動きも行われているようで、一部の報告では、本日の出来高の80%以上が限月乗り換えであったとも報告されている。

 

米中第一段階合意については、

先日、中国政府から32日以降、申請条件を満たす者に対してのみ米国からの輸入品に対する25%の追加関税を免除する旨の発表があった。

発表直後の上昇幅に比べると、市場はやや落ち着きを見せているようだが、強材料として市場を下支えする要因となっている模様。

 

また、新型コロナウイルス拡散による中国経済への影響を考慮して、中国人民銀行(中央銀行)から発表された金融緩和策が、世界的にも株式市場などで好感されたようで、米国株式の主要3指数が史上最高値もしくは史上最高値付近で取引される展開になり、このことも本日の綿花相場上昇の一因となったものとも考えられる。

 

 

米国現地221日には米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

 

 

END.

 

 

2020年2月19日水曜日

NY FUTURES FEBRUARY 18,2020

ICE COTTON FUTURES

February 18, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 67.94 68.91 67.83 67.87 +.46

May 20 68.42 69.72 68.42 68.87 +.46

Jul 20 69.35 70.58 69.35 69.70 +.42

Oct 20 69.50 69.50 69.50 69.74 +.38

Dec 20 68.34 70.26 68.72 69.44 +.38

Mar 21 70.30 70.75 70.05 70.05 +.30

May 21 70.61 70.75 70.26 70.26 +.40

Jul 21 70.43 70.56 70.34 70.16 +.35

Oct 21   -     -     -   67.76 +.20

Dec 21   -     -     -   67.46 +.20

ICE estimated futures volume:56,300

               

 

NY定期5月限は、先週末引値と同値水準で寄り付いた後、急伸。その後も値を上げ続け本日最高値の69.72/LBを付けた。しかし徐々に買いの勢いが弱まり、最終的に先週末比46ポイント高の68.87/LBで引けた。

出来高は、56,300枚。

 【相場動向要因】

15日、中国中央銀行が新型コロナウィルスの影響で打撃を被った国内企業への援助を表明。18日には中国財務省(CTCSC)が綿花を含む米国からの輸入品696品目について32日から申請したものに限り追加関税の免除を発表。これらの報道が米国・欧州の穀物相場には強気材料として働き、暫く先週末比70から120ポイントほど高く推移していた。しかしながら米国株式市場が明けると米アップルが業績の下方修正を発表。米中貿易戦争や新型コロナウィルスが巨大な中国市場への打撃と工場操業や物流など供給面に対する不安が事実上表面化したことを嫌気し、全体的に弱含みの展開となり、綿花相場も追随する形で値を下げていった様子。

また現地215日、米国綿花評議会で発表された来季の米綿作付意識調査では、作付けが前年比5.5%減の12977千エーカーにとどまる見通しとなり、ほぼ市場予想の範囲だったことから大きな値動きに繋がらなかった模様。

現地224日に期近3月限の第一回受渡通知日を迎える

 

END.

 

2020年2月17日月曜日

NY FUTURES FEBRUARY 14,2020

ICE COTTON FUTURES

February 14, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 67.76 67.98 67.21 67.41 -.34

May 20 68.56 68.90 68.08 68.41 -.22

Jul 20 69.47 69.74 68.96 69.28 -.22

Oct 20   -     -     -   69.36 -.23

Dec 20 69.21 69.51 68.74 69.06 -.28

Mar 21 69.99 70.19 69.45 69.75 -.31

May 21 69.85 69.85 69.85 69.86 -.31

Jul 21 70.12 70.12 69.70 69.81 -.31

Oct 21   -     -     -   67.56 +.19

Dec 21 66.70 66.70 66.70 67.26 +.14

ICE estimated futures volume:42,400

               

 

 

NY定期5月限は、寄り付きから徐々に値を下げていき、最終的に前日比22ポイント安の68.41/LBで引けた。出来高は、42,400枚。

 

 

【相場動向要因】

新型コロナウイルスに対する警戒感を一因とする株式市場や主要穀物相場の軟調な動きに追随する形で、綿花相場も弱気基調で推移。

期近限月を中心としたポジション整理の動きも進んでいるものと推測される。

 

米国現地215日の米国綿花評議会の年次総会での来季米綿の作付意識調査の発表に市場参加者の注目が集まっていた模様。

日本時間217日の時点で、すでに発表がなされており、全米で、前年比▲5.5%(19/20: 13,738k エーカー, 20/21: 12,977k エーカー)の作付面積となる、との予想が発表されている。

 

米国現地217日はプレジデントデーのため、綿花相場は休場となる。

 

 

 

END.

 

2020年2月14日金曜日

NY FUTURES FEBRUARY 13,2020

ICE COTTON FUTURES

February 13, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 68.57 68.57 67.72 67.75 -.83

May 20 69.13 69.29 68.51 68.63 -.61

Jul 20 70.01 70.11 69.39 69.50 -.57

Oct 20   -     -     -   69.59 -.58

Dec 20 69.75 69.84 69.16 69.34 -.48

Mar 21 70.46 70.46 69.89 70.06 -.45

May 21 70.52 70.52 70.10 70.17 -.39

Jul 21 70.24 70.24 69.73 70.12 -.34

Oct 21   -     -     -   67.37 -1.74

Dec 21   -     -     -   67.12 -.39

ICE estimated futures volume:59,300

               

 

 

NY定期5月限は、68セント台半ばから69セント台前半までの間で上げ下げを繰り返しながら、緩やかに値を下げていき、最終的に前日比61ポイント安の68.63/LBで引けた。出来高は、59,300枚。

 

 

【相場動向要因】

本日米国農務省週間輸出成約報告が発表された。詳細は後述するが、2019/2020CROPの米綿アップランドの成約量が約50万俵と報告されている。

強材料として市場に影響を与えるとも思われたが、影響は限定的で、本日の綿花相場は、期近3月限・5月限などを中心に軟調に推移した。

全体では比較的好調な結果となったものの、中国向けで、合計約4.8万俵のキャンセル(成約:約9.2万俵 / キャンセル:約14万俵)が報告されている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大による警戒感後退の気配もあるものの、米国株式市場や一部の米国主要穀物相場は値を下げ、綿花相場も追随する結果となった。

 

一方、一部の報告で、中国側が、新型コロナウイルスによる経済活動への影響が懸念されるも、米中第一段階合意で交わした米国製品・サービスの購入拡大確約を堅持する意向であることが示唆されたと報じられている。

 

米国現地215日には、全米綿花評議会(NCC)の年次総会が予定されており、現時点での来季米綿の作付け意識調査などが報告される予定。

アナリストの中には、来季の米綿作付面積減少を予想しているものもいる。

 

米国現地217日は、プレジデントデーのため綿花相場は休場となる予定。

 

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り(Week ending February 6, 2020

 

2019/2020CROP

 

アップランド

 

成約:502,900(ベトナム 154,400 / 中国 92,500 / トルコ 74,000)

 

キャンセル:▲152,000(中国 ▲140,800 / ベトナム ▲5,000 / 日本 ▲4,500)

 

船積:400,500(パキスタン 93,400 / ベトナム 81,500 / トルコ 63,100)

 

 

ピマ

 

成約:11,100(インド 5,200 / エジプト 2,200 / トルコ 1,200)

 

キャンセル:▲200(中国 ▲200)

 

船積:7,400(インド 2,100 / パキスタン 1,500 / ペルー 900 / サルバドール 900)

 

 

2020/2021CROP

 

アップランド

 

成約:57,300(バングラデシュ 26,200 / パキスタン 18,500 / マレーシア 6,600)

 

 

ピマ

 

成約:なし

 

 

 

END.

 

2020年2月13日木曜日

NY FUTURES FEBRUARY 12,2020

ICE COTTON FUTURES

February 12, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 68.25 68.79 67.77 68.58 +.35

May 20 68.74 69.41 68.31 69.24 +.50

Jul 20 69.69 70.24 69.07 70.07 +.51

Oct 20 70.16 70.32 70.16 70.17 +1.41

Dec 20 69.46 69.99 68.92 69.82 +.51

Mar 21 70.21 70.61 69.99 70.51 +.44

May 21 70.24 70.24 69.88 70.56 +.39

Jul 21 70.07 70.43 69.59 70.46 +.44

Oct 21   -     -     -   69.11 +.34

Dec 21 67.13 67.46 67.13 67.51 +.24

ICE estimated futures volume:63,400

               

NY定期3月限は、寄り付き後、動意薄のまま推移していたが、取引時間終盤にかけてやや強含みの展開となり前日比35ポイント高の68.58/LBで引けた。また5月限も同じような値動きで前日比50ポイント高の69.24/LBで引けた。

出来高は、63,400枚。

 【相場動向要因】

新型コロナウィルス感染拡大に対する懸念が後退したことで、米国株式市場では楽観的なムードが高まり主要株価指数が最高値を更新。米国綿花市場を含む穀物市場もそれに追随する形で値を上げた。

期近3月限は3日続伸。引き続き大手投機筋による限月乗換の取引が大半を占めたが紡績筋の値決めもある程度見られた模様。一部トレーダーからは明日発表予定の米国農務省週間輸出成約報告によって新型コロナウィルスの綿花需要に対する影響を見極める動きが出ている。

また中国の一部エコノミストからは中国が米中第一段階で合意していた米国農産物の購入数量を達成させるのは難しいのではとの見方も出ているが、ある中国の研究機関では短期的な影響は出たとしてもウィルスに対する懸念が収束すれば、輸入が加速するのではとも言われている。

米国現地217日はプレジデントデーのため休場となる。

END.

 

2020年2月12日水曜日

NY FUTURES FEBRUARY 10,2020

ICE COTTON FUTURES

February 10, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Mar 20 67.62 68.36 67.62 68.19 +.44

May 20 68.03 68.86 68.03 68.74 +.60

Jul 20 68.98 69.70 68.95 69.54 +.52

Oct 20 68.92 68.92 68.77 68.74 +.37

Dec 20 68.86 69.37 68.79 69.25 +.39

Mar 21 69.74 70.20 69.66 70.10 +.32

May 21 70.07 70.41 69.68 70.25 +.04

Jul 21 69.90 70.19 69.47 70.13 -.20

Oct 21   -     -     -   68.63 -.58

Dec 21 67.28 67.28 67.19 67.13 -.73

ICE estimated futures volume:56,200

               

NY定期3月限は、前日同値水準で寄り付いた後、徐々に値を上げ、取引が本格的に始まると67.8-68.36/LB圏内で激しく値が動いたが最終的に前日比44ポイント高の68.19/LBで引けた。

出来高は、56,200枚。

 【相場動向要因】

新型コロナウィルス感染拡大の対応策にあまり効果的な進展が見られない中、米国トップ企業の業績を好感し米国株式相場はNASDAQS&P指数などが史上最高値を更新した。一方、米国穀物市場は綿花や大豆などは値を上げたが、コーンや小麦は値を下げた。

期近3月限の第一回受渡通知日を224日に控えている為、大手投機筋による3月限から5月限への限月乗換が取引の大半を占めた模様。また先週金曜日に3月限オプションの期限を迎えたことで同月限の未決済建玉が大幅減少。対して5月限未決済建玉は増加し3月限のそれを超えた。

また明日、米国農務省月間需給報告が発表される。期近3月限の価格が前回の1月発表時よりも300ポイント以上低いが、需給報告はニュートラルからポジティブな予想がされており、現在の価格帯はポジティブな結果が報告されたとしてもおかしくはないことを示している様子。

米国の生産量減少やインド輸出成約増による期末在庫減、パキスタン・トルコの生産量減からの両国への輸入増などが予想されているが、中国は米中第一段階合意と新型コロナウィルスによる影響から予想が難しくなっている。

 

END.