2021年12月2日木曜日

NY FUTURES DECEMBER 1,2021

ICE COTTON FUTURES

DECEMBER 1,2021, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 110.97 113.25 109.39 109.39 -2.26

Mar 22 105.97 108.44 103.86 104.19 -2.22

May 22 104.60 106.85 102.44 102.77 -1.84

Jul 22 102.00 104.48 100.36 100.67 -1.49

Oct 22    -      -      -    90.86 -.75

Dec 22  86.59  89.25  86.20  86.40 -.31

Mar 23  84.69  85.02  82.99  83.50 -.31

May 23  83.17  83.64  81.75  82.25 -.51

Jul 23  82.06  82.06  80.50  80.97 -.69

Oct 23    -      -      -    78.22 -.44

ICE estimated futures volume:51,200

 

3月限は寄付きから値を上げた後、108セント付近を方向感を探りながら推移。米国で取引が本格化する頃から値を下げ始め、米国時間中は106セントから105セント付近を推移。その後引けの直前に再度下落。結果、前日比222ポイント安の104.19/LBで引けた。推定出来高は51,200枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は投機筋の利益確定の売りで値を下げた。新型コロナ新変異株のオミクロンが発見され、世界経済の不透明感が広まったことを契機に、綿花相場でも利益確定の売りが進み未決済建玉も減少傾向。この下落を機に紡績の値決めも進んでいる。

 

END.

2021年12月1日水曜日

NY FUTURES NOVEMBER 30,2021

ICE COTTON FUTURES

November 30, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 116.40 116.40 111.50 111.65 -5.00

Mar 22 110.85 110.85 106.41 106.41 -5.00

May 22 108.57 109.00 104.61 104.61 -5.00

Jul 22 106.31 106.31 102.00 102.16 -4.43

Oct 22    -      -      -    91.61 -2.86

Dec 22  89.20  89.20  86.25  86.71 -2.93

Mar 23  86.09  86.09  83.81  83.81 -2.79

May 23  85.13  85.13  82.21  82.76 -2.54

Jul 23  83.51  83.51  81.66  81.66 -1.83

Oct 23    -      -      -    78.66 -1.58

ICE estimated futures volume:47,400

 

3月限は寄付きから値を下げるとじりじりと値を下げながら推移。結果、下げ幅限界の前日比500ポイント安の106.41/LBで引けた。推定出来高は47,400枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は新型コロナの新変異型のオミクロンにより、今後の世界経済の不透明感が強まる中、感染再拡大による需要低下への懸念から、投機筋の利益確定の売りを誘う。加えて、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がインフレは一時的の域を超えているとの認識を示したことで、インフレに対抗するテーパリングの加速が示唆され米国金融政策の正常化への警戒感から商品相場全体で値を下げた。

 

END.

NY FUTURES NOVEMBER 29,2021

ICE COTTON FUTURES

November 29, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 118.03 118.20 116.01 116.65 +.05

Mar 22 113.16 113.58 111.11 111.41 -.37

May 22 111.20 111.65 109.36 109.61 -.32

Jul 22 108.05 108.21 106.50 106.59 -.26

Oct 22    -      -      -    94.47 -.30

Dec 22  90.85  91.01  89.46  89.64 -.13

Mar 23  87.40  87.80  86.47  86.60 -.17

May 23  85.42  85.43  85.30  85.30 -.02

Jul 23  84.88  84.88  83.34  83.49 +.17

Oct 23    -      -      -    80.24 +.32

ICE estimated futures volume:21,500

 

3月限は寄付きから値を上げ、その後113セントから112セント付近を方向感を探りながら推移。米国取引が始まる頃から徐々に落ち着いた。結果、前日比37ポイント安の111.41/LBで引けた。推定出来高は21,500枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は前日に引き続き新型コロナの新変異型オミクロンの影響を注視しながらの相場付き。オミクロン自体の情報も少なく、各国が今後どのような感染防止策を打ち出すかに、市場参加者の注目が集まる。

 

END.

 

2021年11月29日月曜日

NY FUTURES NOVEMBER 26,2021

ICE COTTON FUTURES

November 26, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 117.50 118.50 114.97 116.60 -3.78

Mar 22 114.47 114.49 110.81 111.78 -4.00

May 22 112.85 112.86 109.18 109.93 -4.17

Jul 22 109.50 109.50 106.35 106.85 -3.63

Oct 22    -      -      -    94.77 -2.61

Dec 22  91.36  91.36  89.50  89.77 -1.99

Mar 23  87.62  87.62  87.62  86.77 -1.72

May 23    -      -      -    85.32 -1.72

Jul 23    -      -      -    83.32 -1.72

Oct 23    -      -      -    79.92 -1.57

ICE estimated futures volume:34,200

 

Thanksgivingの為、米国東海岸の朝8時と通常より遅れて相場はオープンしたが、寄付きから大きく値を下げ111セントを割ると上昇。結果、前日比400ポイント安の111.78/lbで引けた。推定出来高は34,200枚。

 

【相場動向要因】

ホリデーシーズンの最中でありながら、新型コロナの新変異型のオミクロンが南アフリカで発見されたことを受け、景気悪化への警戒感が市場に広まり、リスク回避の売が商品相場全体を押し下げ、綿花相場も追随した。

週間輸出成約報告では成約・船積み共に上昇。今季アップランド綿の成約数量は中国向けを中心に合計で19.69万俵。船積数量は9.71万俵とここ最近では好調な数字ではあるが、やはり物流の混乱も相まって昨年同期比では約半分の数量。

 

【米国農務省週間輸出成約報告】

                           

2021/22 CROP                          

◎アップランド綿                         

成約                     TOTAL : 197,900         (中国 58,500 / ベトナム 44,600 / パキスタン 34,200)

キャンセル           TOTAL : 1,000          (ベトナム ▲500 / タイ ▲200 / 台湾 ▲100)

NET                     TOTAL : 196,900         (中国 58,500 / ベトナム 44,600 / パキスタン 34,200)

船積                     TOTAL : 97,100           (中国 35,100 / メキシコ 20,900 / ベトナム 13,300)

◎ピマ綿                          

成約                     TOTAL : 18,100           (中国 10,100 / ペルー 2,700 / タイ 2,000)

キャンセル           NIL       

NET                     TOTAL : 18,100           (中国 10,100 / ペルー 2,700 / タイ 2,000)

船積                     TOTAL : 6,300             (インド 2,900 / 中国 2,000 / ペルー 900)

2022/23 CROP                          

◎アップランド綿                         

成約                     TOTAL : 46,200           (バングラデシュ 19,800 / トルコ 13,200 / 中国 8,800)

◎ピマ綿                          

成約                     TOTAL : 1,300             (エジプト 1,300)

 

END.

2021年11月26日金曜日

NY FUTURES NOVEMBER 23,2021

ICE COTTON FUTURES

November 23, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 117.65 120.63 116.80 120.36 +2.65

Mar 22 115.49 115.96 114.60 115.66 -.31

May 22 114.73 114.73 113.05 114.09 -.29

Jul 22 110.60 110.60 109.41 110.33 -.31

Oct 22    -      -      -    97.37 +.11

Dec 22  91.89  91.99  91.55  91.62 +.37

Mar 23  89.00  89.00  88.88  88.82 +.67

May 23    -      -      -    87.72 +.72

Jul 23  85.28  85.32  85.28  85.32 +.57

Oct 23    -      -      -    81.77 +.47

ICE estimated futures volume:13,900

 

3月限は寄付きからまもなく値を下げた後、114セント後半を動意薄で推移。米国で取引が本格化すると値を戻す展開。結果、前日比31ポイント安の115.66/LBで引けた。推定出来高は13,900枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は独自の要因を欠きながら、ホリデームードの中で取引の値幅も狭まり、出来高も低調。12月限は第1回受渡通知日を迎えたが、Notice0件。認証在庫は400俵のみとなっている。バイデン米大統領が米連邦準備理事会のパウエル議長の再任を発表したことを受け、米国ドルの買いが進み値を上げたことも、相場の重荷となった模様。

 

END.

NY FUTURES NOVEMBER 22,2021

ICE COTTON FUTURES

November 22, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 118.93 119.46 117.50 117.71 -1.51

Mar 22 116.45 116.50 114.86 115.97 -.46

May 22 114.95 114.95 113.30 114.38 -.40

Jul 22 111.24 111.24 109.65 110.64 -.25

Oct 22    -      -      -    97.26 -.28

Dec 22  91.91  91.99  91.25  91.99 +.13

Mar 23  88.98  89.49  88.98  89.49 +.18

May 23    -      -      -    88.44 +.13

Jul 23    -      -      -    85.89 +.13

Oct 23    -      -      -    82.24 -.02

ICE estimated futures volume:18,100

 

3月限は寄付きからもみ合いながら116セント付近を推移。米国午前中に一時115セントを割るも、すぐに回復。結果前日比46ポイント安の115.97/LBで引けた。推定出来高は18,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は12月限が第1回受渡通知日を迎えた。3月限は164ポイントのレンジの中を、比較的静かに推移。米国木曜日はThanksgiving Dayにあたることから、実需筋の動きも同様に静かだった様子。一部では綿花需要が落ち着きつつあるとの声が聞かれ始めているものの、物流の混乱はおさまる気配がなく、期近積みが難しい状況が続く。

 

END.

 

2021年11月25日木曜日

NY FUTURES NOVEMBER 24,2021

ICE COTTON FUTURES

November 24, 2021

       Open   High   Low    Close Change

Dec 21 119.83 120.78 119.49 120.38 +.02

Mar 22 115.66 116.24 115.15 115.78 +.12

May 22 114.44 114.56 113.60 114.10 +.01

Jul 22 110.42 110.86 109.96 110.48 +.15

Oct 22    -      -      -    97.38 +.01

Dec 22  91.56  92.20  91.56  91.76 +.14

Mar 23  89.00  89.16  88.47  88.49 -.33

May 23    -      -      -    87.04 -.68

Jul 23  84.59  85.04  84.59  85.04 -.28

Oct 23    -      -      -    81.49 -.28

ICE estimated futures volume:13,100

 

3月限は寄付きから底堅く推移したのち、米国深夜に下落。米国での取引が本格化する頃に115セント付近まで下げた後反発。結果、前日比12ポイント高の115.78/LBで引けた。推定出来高は13,100枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場は独自の要因を欠きながら、ホリデームードで静かな一日となった。実需では紡績の値決めの動きや期近積みの引き合いが聞かれた。他商品相場はドル高の圧力もあり、軒並み下落。一方で綿花相場は中国国内価格が底堅く、堅調な推移が続く。

 

23日はThanksgivingICEは休場。24日(金)は短縮時間での取引となる。

 

END.