2020年6月4日木曜日

NY FUTURES JUNE 3,2020

ICE COTTON FUTURES

June 3, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 60.37 60.73 59.84 60.48 +.11

Oct 20 59.52 59.60 59.48 59.73 +.38

Dec 20 59.40 59.80 59.25 59.73 +.23

Mar 21 59.93 60.42 59.71 60.38 +.43

May 21 60.04 60.77 60.04 60.70 +.49

Jul 21 60.30 61.07 60.30 61.02 +.51

Oct 21   -     -     -   59.78 +.28

Dec 21 59.36 59.50 59.27 59.48 +.28

Mar 22   -     -     -   60.38 +.28

May 22   -     -     -   61.13 +.28

ICE estimated futures volume:26,500

 

NY定期7月限は、前日同値水準で寄り付いた後、小幅な値動きで推移。米国にて本格的な取引が始まったころから値が下がり、一時60.00/LBを割り込む場面が見られたものの、引けにかけて値が戻り、最終的には前日比11ポイント高の60.48/LBで引けた。

出来高は、26,500枚。

 

【相場動向要因】

 

米国綿花市場は期近7月限が小幅続伸。これで4営業日連続の上げ相場となった。

本日も綿花特有の材料が乏しい中、未決済建玉の7月限が5300枚以上減少し、12月限がその約半数増加しており、624日の第一回受渡通知日に向けて7月限から12月限への限月乗換を中心とした動きが目立った模様。

 

一方、米国株式市場では、5月の米民間雇用者数や製造業以外の景気に関する指標等が発表され、市場予想を上回る結果となり、経済回復への期待感からダウ平均株価が2%上昇し約3か月ぶりとなる26000ドルを超えて引けた。

 

また原油先物指標であるWTIは小幅高で引けたが、OPEC加盟国の協調減産延長に不透明感が高まっていることも報じられている。

 

明日、米国現地64日に米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定で、米中関係が悪化している中、中国の新規成約数や船積数などの動向に市場関係者の注目が集まっている。

 

END.

 

2020年6月3日水曜日

NY FUTURES JUNE 2,2020

ICE COTTON FUTURES

June 2, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 60.30 61.15 60.00 60.37 +.31

Oct 20 59.18 59.63 59.18 59.35 +.78

Dec 20 58.72 59.70 58.70 59.50 +.79

Mar 21 59.38 60.24 59.30 59.95 +.71

May 21 59.63 60.60 59.56 60.21 +.72

Jul 21 59.95 60.95 59.85 60.51 +.67

Oct 21   -     -     -   59.50 +.56

Dec 21 58.66 59.63 58.65 59.20 +.56

Mar 22   -     -     -   60.10 +.51

May 20   -     -     -   60.85 +.46

ICE estimated futures volume:44,200

 

 

NY定期7月限は、寄り付きから方向感乏しく推移し、最終的に前日比31ポイント高の60.37/LBで引けた。

出来高は、44,200枚。

 

【相場動向要因】

大きく価格を上昇させた翌日、一転して寄り付きから小幅な価格推移での展開となった。

前日の価格上昇は、紡績筋を中心とした値決めのオーダーに起因するものであった模様。

一方で、一部のアナリストは、本日の期近7月限の未決済建玉が5,208枚の減少に留まったことから、期近7月限のボラティリティが再び高まり、第一回受渡通知日に向けて、大きな値動きを起こす可能性も否定しきれないと見ている。

 

本日の米国株式相場は、米国での黒人男性暴行死に対するデモの拡大や米中関係の緊張の高まりなど、不安材料もある中、米国経済回復に対する期待感が先行し、強気な価格推移となった。本日のダウ平均株価は、前日比267.63ドル価格を上昇させて引けている。

 

また、OPEC加盟国・非加盟国で構成された「OPECプラス」で原油の協調減産期間延長が検討されているとの報道から、原油の需給バランス改善への期待感が高まり、原油価格を上昇させた。

 

本日のCotton outlookレポートでは、綿花の作付が進んでいる西テキサスにおいて、これまでに一部地域での降雨が観測されてはいるものの地域全体では、高温・乾燥な気候が続いており、ドライランド地域を中心に、土壌湿度レベルの低下が懸念されるとも述べられている。

現地61日に発表された週間作付進捗報告および作況報告では、テキサス州全体で63%の作付進捗で、着蕾率は13%、作況は、Good/Excellentの割合が、30%と報告されていた。

 

米国現地64日には米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

 

 

END.

 

NY FUTURES JUNE 1,2020

ICE COTTON FUTURES

June 1, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 57.59 60.39 57.26 60.06 +2.47

Oct 20 57.49 59.43 57.24 58.57 +1.30

Dec 20 57.48 59.40 57.16 58.71 +1.23

Mar 21 58.47 60.10 58.22 59.24 +.76

May 21 59.62 60.38 59.05 59.49 +.11

Jul 21 60.35 61.15 59.61 59.84 -.30

Oct 21   -     -     -   58.94 +.25

Dec 21 58.60 59.94 58.18 58.64 +.25

Mar 22   -     -     -   59.59 +.25

May 20   -     -     -   60.39 +.25

ICE estimated futures volume:60,200

 

NY定期7月限は、寄り付き直後に急伸し、暫く58.20/LB付近で推移。しかし米国時間未明に急落し、一時、先週末比マイナス圏内まで達した。その後、取引が本格的になると再び買いの勢いが増し、値幅制限近くまで上昇。最終的に先週末比247ポイント高の60.06/LBで引けた。引値で60.00/LBを上回ったのは313日以来となる。また本日の引値で期近7月限と12月限の逆鞘が135ポイントまで広がった。

出来高は、60,200枚。

 

【相場動向要因】

 

米国綿花市場は取引開始直後に、主に中国企業と米国大手綿花商の間で値決めが行われたことにより値を上げた。その後、米国現地時間未明に農業セクターの主要国有企業に対して米農産物の一部購入を停止するように伝えたとの噂が広がったことから投機筋を中心に売り注文が増え、本日の上昇分を消す値動きとなった。しかし、中国トレーダーらからは、その噂の確約が得られなかった模様で、引き続き7月限を中心とした今季CROPの値決めが行われ、再び値を上げた。7月限の第一回受渡通知日が624日に控えているため、大手投機筋による7月限から12月限へのポジションの限月乗換が行われているにも関わらず、本日は7月限と12月限の未決済建玉が増えるという珍しい現象も起きている。

 

一方、米国株式市場では黒人男性死亡事件に対する抗議デモや前述の中国政府が米農産物の一部購入を停止するよう指示したという報道など、弱材料が増えたものの、市場関係者の間では米中関係の悪化はある程度織り込み済みだったようで、むしろ経済活動の再開への期待から景気が持ち直すと判断した投資家らによる買い注文で値が伸びた。

 

その他、インドでは政府による綿花を含む農作物の買取価格、 MSP(最低支持価格)を上げる方針が発表されたと報道もされている。

 

また米国農務省より20/21CROPの週間綿花作付進捗報告が発表された。本日より、週間作況報告も発表されている。米国現地531日時点で、15州平均では66%(前年同時期67%5年平均66%)と平年と同水準の作付け進捗率が続いている。テキサス州では63%(前年同時期59%5年平均56%)と進んでいるが、ジョージア州は74%(前年同時期82%5年平均78%)とやや遅れている。また作況に関しては全体の44%good/excellent48%fairと順調に進んでいるとの報告が上がっている。詳細は下記の通り。

 

Cotton Planted - Selected States
[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]
-----------------------------------------------------------------
                 :            Week ending            :           
                 :-----------------------------------:           
      State      :  May 31,  :  May 24,  :  May 31,  : 2015-2019 
                 :   2019    :   2020    :   2020    :  Average  
-----------------------------------------------------------------
                 :                    percent                    
                 :                                               
Alabama .........:     91         79          92          84     
Arizona .........:     98         97          99          98     
Arkansas ........:     88         72          91          95     
California ......:    100         90          95          94     
Georgia .........:     82         57          74          78     
Kansas ..........:     41         53          73          37     
Louisiana .......:     91         83          93          94     
Mississippi .....:     73         72          82          85     
Missouri ........:     70         30          45          87     
North Carolina ..:     80         46          65          80     
Oklahoma ........:     29         11          14          42     
South Carolina ..:     93         56          73          82     
Tennessee .......:     86         47          64          90     
Texas ...........:     59         50          63          56     
Virginia ........:     90         57          73          85     
                 :                                               
15 States .......:     67         53          66          66     
-----------------------------------------------------------------
 
Cotton Squaring - Selected States
[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]
-----------------------------------------------------------------
                 :            Week ending            :           
                 :-----------------------------------:           
      State      :  May 31,  :  May 24,  :  May 31,  : 2015-2019 
                 :   2019    :   2020    :   2020    :  Average  
-----------------------------------------------------------------
                 :                    percent                    
                 :                                               
Alabama .........:     2         (NA)          -           1     
Arizona .........:    12           19         28          16     
Arkansas ........:     -         (NA)          -           3     
California ......:     4         (NA)          -           2     
Georgia .........:     4         (NA)          2           3     
Kansas ..........:     -         (NA)          -           -     
Louisiana .......:     -         (NA)          4           4     
Mississippi .....:     1         (NA)          -           1     
Missouri ........:     -         (NA)          -           2     
North Carolina ..:     4         (NA)          -           2     
Oklahoma ........:     -         (NA)          -           -     
South Carolina ..:     -         (NA)          -           -     
Tennessee .......:     3            -          2           3     
Texas ...........:    10           11         13           9     
Virginia ........:     1         (NA)          1           1     
                 :                                               
15 States .......:     7         (NA)          8           7     
-----------------------------------------------------------------
-    Represents zero.                                            
(NA) Not available.                                              
 
Cotton Condition - Selected States: Week Ending May 31, 2020
[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]
----------------------------------------------------------------------------
      State     : Very poor :   Poor    :   Fair    :   Good    : Excellent 
----------------------------------------------------------------------------
                :                          percent                          
                :                                                           
Alabama ........:      -           2          18          76           4    
Arizona ........:      -           1          10          67          22    
Arkansas .......:      -           1          23          54          22    
California .....:      -           -          35          30          35    
Georgia ........:      -           3          30          61           6    
Kansas .........:      -           2          42          51           5    
Louisiana ......:      -           -          32          67           1    
Mississippi ....:      -           3          44          47           6    
Missouri .......:     10          10          44          36           -    
North Carolina .:      1           6          31          58           4    
Oklahoma .......:      -           4          49          47           -    
South Carolina .:      6          11          32          46           5    
Tennessee ......:      7           8          34          42           9    
Texas ..........:      -          10          60          27           3    
Virginia .......:      -           1          14          84           1    
                :                                                           
15 States ......:      1           7          48          39           5    
                :                                                           
Previous week ..:   (NA)        (NA)        (NA)        (NA)        (NA)    
Previous year ..:      3          10          41          38           8    
----------------------------------------------------------------------------
-    Represents zero.                                                       

(NA) Not available.        

 

END.

 

 

2020年6月1日月曜日

NY FUTURES MAY 29,2020

ICE COTTON FUTURES

May 29, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 57.50 57.73 56.56 57.59 +.02

Oct 20 57.18 57.21 57.12 57.27 +.07

Dec 20 57.54 57.59 56.43 57.48 -.06

Mar 21 58.48 58.56 57.44 58.48 -.04

May 21 59.33 59.47 58.33 59.38 -.07

Jul 21 59.42 60.02 59.06 60.14 -.12

Oct 21   -     -     -   58.69 -.09

Dec 21 58.30 58.30 57.40 58.39 -.09

Mar 22 59.04 59.04 58.89 59.34 -.08

May 20 59.77 59.77 59.77 60.14 +.02

ICE estimated futures volume:29,200

 

 

NY定期7月限は、寄り付きから小幅な値動きながら軟調な展開となり、徐々に値を下げていった。しかし、取引終盤に持ち直し、最終的に前日比2ポイント高の57.59/LBで引けた。

出来高は、29,200枚。

 

【相場動向要因】

米国トランプ大統領が、中国による香港の統制強化に対抗して香港に対する優遇措置撤廃を示唆したことや、トランプ大統領が世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止する意向を示したことなどから米中関係の緊張感が高まっており、米国株式相場は値を下げて引ける結果となった。綿花相場もその影響を受け、本日の取引時間全体を通して、弱気な値動きを見せた。

 

しかしながら、米国による香港に対する措置など、市場に一部織り込まれていた部分があったと見られ、綿花相場は最終的に前日比ほぼ横ばいの値まで戻して引けた。

 

本日米国農務省週間輸出成約報告が発表された。詳細は後述。

米国現地525日がメモリアルデーで休日だったため、1日遅れての発表となった。

2019/2020CROPの成約数量では、中国向けに58600俵、ベトナム向けに4300俵の成約が報告されているが、他国向けはあまり活発ではなかった様子。

中国向けの成約は、政府による国庫備蓄積み増しのための買付と見られる。中国向けは2020/2021CROPでもアップランドで113,200俵の成約が報告されている。

この結果は、市場参加者の予想を裏切るものではなく、市場への影響は限定的であった。

 

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り(Week Ending May 21, 2020)

 

2019/2020CROP

 

アップランド

 

成約:111,000(中国 58,600 / ベトナム 40,300 / トルコ 8,500)

 

キャンセル:▲66,300(トルコ ▲17,200 / パキスタン ▲12,200 / タイ ▲9,300)

 

船積:267,400(ベトナム 84,300 / 中国 55,300 / パキスタン 52,900)

 

 

ピマ

 

成約:10,100(中国 9,600 / トルコ 300 / 韓国 200)

 

キャンセル:なし

 

船積:1,400(パキスタン 700 / ベトナム 300 / インドネシア 200 / インド 200)

 

 

2020/2021CROP

 

アップランド

 

成約:171,900(中国 113,200 / トルコ 24,600 / パキスタン 11,400)

 

 

ピマ

 

成約:なし

 

 

 

END.

 

2020年5月29日金曜日

NY FUTURES MAY 28,2020

ICE COTTON FUTURES

May 28, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 58.49 58.54 57.53 57.57 -.77

Oct 20 57.29 57.38 57.29 57.20 -.43

Dec 20 58.03 58.17 57.43 57.54 -.49

Mar 21 59.12 59.12 58.40 58.52 -.46

May 21 59.96 59.96 59.30 59.45 -.39

Jul 21 60.65 60.65 60.09 60.26 -.30

Oct 21   -     -     -   58.78 -.38

Dec 21 58.90 58.90 58.36 58.48 -.38

Mar 22   -     -     -   59.42 -.34

May 20   -     -     -   60.12 -.24

ICE estimated futures volume:18,500

 

NY定期7月限は、寄り付き直後はやや値を上げたものの、反転し、暫く軟調な展開で推移。米国現地で取引が本格的になると前日引値水準まで値を戻したが、取引時間終盤にかけて急落し、最終的に前日比77ポイント安の57.57/LBで引けた。

出来高は18,500枚。

 

【相場動向要因】

 

米国綿花市場は綿花特有の材料が乏しく、出来高も約2週間ぶりとなる514日の17,900枚に次ぐ少なさとなったことから市場関係者に様子見ムードが漂っていた模様。本日より大手投機筋によるポジションの限月乗換が行われ始めており、7月限の未決済建玉が765枚減少し、12月限は1,516枚増加していることが確認されている。

 

一方、米国株式市場は、現地朝方に発表された先週の米新規失業保険申請件数が、依然高水準ではあるものの、週間の申請件数、継続需給件数ともに前週よりも減少したこと好感し上昇する場面が目立った。しかし、中国政府が香港の基本的自由を制限する可能性があると言われている「国家安全法」を制定する方針が全人代で採択されたことを受けて、米トランプ大統領が中国に対して新たな政策を29日に発表すると述べ、米中関係に緊張感が増したことで、取引時間終了間際に一気に急落した。

 

米国現地529日には、25日が休日だったため、1日遅れで米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

また現地624日に期近7月限の第一回受渡通知日を迎える。

 

END.

 

2020年5月28日木曜日

NY FUTURES MAY 27,2020

ICE COTTON FUTURES

May 27, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 58.46 58.60 57.62 58.34 +.11

Oct 20 57.91 57.91 57.57 57.63 -.11

Dec 20 58.01 58.32 57.54 58.03 +.03

Mar 21 59.06 59.18 58.47 58.98 +.11

May 21 59.89 60.00 59.30 59.84 +.13

Jul 21 60.61 60.61 59.94 60.56 +.15

Oct 21   -     -     -   59.16 +.03

Dec 21 59.16 59.16 58.40 58.86 +.03

Mar 22 59.39 59.39 59.39 59.76 +.02

May 20 60.14 60.14 60.14 60.36 -.08

ICE estimated futures volume:20,000

 

 

NY定期7月限は、寄り付きからしばらく方向感乏しく推移し、米国での取引が開始されてから下落。本日の安値を付けた。その後、取引終盤にかけて値を戻していき、最終的に前日比11ポイント高の58.34/LBで引けた。出来高は、20,000枚。

 

【相場動向要因】

綿花市場では、新型コロナウイルス拡散を背景とする小売企業からの需要減に加えて、インドネシアやパキスタンなどの宗教上の休暇期間の影響もあり、比較的静かな状況となっている。

 

中国政府の香港に対しての統制強化を巡って、米中関係の緊張感が高まりつつあることが、市場の先行き不安を強めている。

一部報告では、米政権が、中国政府による対香港統制強化に対して、香港からの輸入品に対する優遇関税措置の停止も検討していると報じられている。

 

一方で、綿花相場は、中国政府による国庫備蓄在庫積み上げのための原綿買付が行われている模様。中国政府系企業による買付が、現物商いの中心となっているとも見られ、市場参加者の関心が強くなっている。

 

上述のような要因が市場に影響を与え、綿花相場および米国主要穀物相場は、引け値でみると、小幅の増減もしくは前日比ほぼ横ばいの引けとなった。

米国株式市場は、米国および世界的な経済活動再開に対する期待感の高まりにより上昇。ダウ平均株価は、前日比2.2%高で引けている。

 

米国東部では、熱帯低気圧が発生し、カロライナなどの地域に上陸。強い風雨をもたらしている模様で、洪水などの懸念や、すでに植え付けが進みつつある綿作地への影響が懸念される。米国東部地域では、引き続き曇りや雨天の予報がなされている。

 

今週大手投機筋によるポジション限月乗り換えが行われると見られている。

期近7月限から12月限への乗り換えが行われる見通し。

期近7月限は、現地624日に第一回受渡通知日を迎える。

 

 

 

END.

 

2020年5月27日水曜日

NY FUTURES MAY 26,2020

ICE COTTON FUTURES

May 26, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Jul 20 57.80 59.45 57.66 58.23 +.62

Oct 20 57.91 58.38 57.88 57.74 +.23

Dec 20 57.93 58.87 57.76 58.00 +.19

Mar 21 58.81 59.61 58.73 58.87 +.14

May 21 59.64 60.28 59.60 59.71 +.14

Jul 21 60.28 60.91 60.24 60.41 +.18

Oct 21   -     -     -   59.13 +.23

Dec 21 58.49 59.40 58.49 58.83 +.20

Mar 22   -     -     -   59.74 +.20

May 20   -     -     -   60.44 +.20

ICE estimated futures volume:23,200

 

NY定期7月限は、寄り付き直後に急伸。それから暫くは方向感なく推移していたが、米国時間早朝に値が伸び、本日最高値の59.45/LBを付けた。その後、60.00/LBが心理的抵抗線となり、徐々に値を切り下げていき、最終的に前日比62ポイント高の58.23/LBで引けた。また本日の引値で7月限と12月限が23ポイントの逆鞘となっている。

出来高は、23,200枚。

 

【相場動向要因】

 

3連休明けとなった米国綿花市場は、期近限月が4営業日ぶりに反発。世界各国の中央銀行が積極的な金融緩和措置を表明していることや、新型コロナウィルスの感染拡大防止策として行われてきた都市封鎖が各地で緩和され始めたこと、さらにワクチン開発ニュースなどを好感し、米国株式市場や小麦を除く米国穀物市場とともに値を上げた。しかしながら22日に、米国に上場している外国企業を監視する法案が可決され、米商務省が33の中国企業をブラックリストに追加すると発表、また、米国が、中国の香港に対する「国家安全法」が採択されれば、何らかの制裁を科す可能性について示唆していることなどから米中間の緊張は一層強まっている。

 

また米国農務省より20/21CROPの週間綿花作付進捗報告が発表された。

米国現地524日時点で、15州平均で53%(前年同時期53%5年平均53%)と平年と同水準の作付け進捗率となった。テキサス州では50%(前年同時期45%5年平均41%)と進んでいるが、ミズーリ州は30%(前年同時期46%5年平均78%)、オクラホマ州は11%(前年同時期20%5年平均32%)、サウスカロライナ州では56%(前年同時期83%5年平均70%)と天候の影響で作付けの遅れが目立っている。

 

Cotton Planted - Selected States

[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]

-----------------------------------------------------------------

                 :            Week ending            :          

                 :-----------------------------------:          

      State      :  May 24,  :  May 17,  :  May 24,  : 2015-2019

                 :   2019    :   2020    :   2020    :  Average 

-----------------------------------------------------------------

                 :                    percent                   

                 :                                              

Alabama .........:    83          63          79          74    

Arizona .........:    93          92          97          96     

Arkansas ........:    72          47          72          88    

California ......:    98          85          90          89    

Georgia .........:    72          41          57          65    

Kansas ..........:    22          29          53          21    

Louisiana .......:    79          75          83          88    

Mississippi .....:    54          52          72          74    

Missouri ........:    46          15          30          78    

North Carolina ..:    68          34          46          66    

Oklahoma ........:    20           8          11          32    

South Carolina ..:    83          45          56          70    

Tennessee .......:    68          23          47          74    

Texas ...........:    45          46          50          41    

Virginia ........:    76          34          57          71    

                 :                                              

15 States .......:    53          44          53          53    

-----------------------------------------------------------------

 

END.