2020年8月7日金曜日

NY FUTURES AUGUST 6,2020

ICE COTTON FUTURES

August 6, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 64.58 64.58 64.17 64.41 +.05

Dec 20 64.40 65.05 64.32 64.85 +.39

Mar 21 65.08 65.70 65.08 65.49 +.36

May 21 65.63 66.09 65.61 65.89 +.38

Jul 21 65.83 66.38 65.83 66.13 +.37

Oct 21   -     -     -   64.71 +.37

Dec 21 63.80 64.70 63.80 64.31 +.49

Mar 22   -     -     -   65.03 +.40

May 22   -     -     -   65.63 +.40

Jul 22   -     -     -   66.23 +.40

ICE estimated futures volume: 30,400

 

NY定期12月限は、寄り付き後は動意薄で推移していたが、米国現地の深夜時間帯から値を上げつづけ、本日最高値の65.05/LBを付けた。その後、調整の売りをこなしながら、最終的に前日比39ポイント高の64.85/LBで引けた。

出来高は、30,400枚。

 

【相場動向要因】

 

米国綿花市場は4営業日続伸。一時79日の最高値64.90/LBを上回る65.05/LBを付け、200日移動平均価格を4日連続で上回るなど好調な展開が続いている。未決済建玉も本日取引開始前で5400枚増加しており、ドル安やインフレ、株式市場の過熱感などを警戒した投機筋が穀物市場に資金を流入させロングポジションを積み立てている模様。今後ショートポジションのストップロスオーダーが入るとさらに相場が上昇する可能性も示唆されている。

米国商務省より綿織物・衣料品の輸入が前年比24.8%下落していることが報告されており、実需は引き続き低調なことから、直近の値動きは実体経済をあまり反映していないのではとも言われている。

また実需筋では、この上げ相場の中、生産者やトレーダらによる値決めなど活発な動きが見られた様子。

 

一方、米国株式市場ではダウ平均株価が前日比185.46ドル高の27,386.98ドルで取引を終えた。新規失業保険申請件数が3週間ぶりに減少したことや米政府による追加経済支援策法案の中身が報じられたことが概ね好感された模様。NASDAQ総合指数も過去最高値を更新している。

 

また本日、米国農務省より今季最終週となる週間輸出成約が発表された。詳細は後述。2019/2020CROPの船積数量が363100俵と堅調だったことが報告された。これで今季の船積数量は480ポンド換算で約1,497万俵となり、残すところあと1日と期末調整が入ることから年間予想船積数量の1,520万俵に到達する可能性も出てきた。

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り(Week Ending July 30, 2020)

 

2019/2020CROP

 

アップランド

 

成約:900 (中国 600 / タイ 200 / メキシコ 100)

 

キャンセル:▲69,400 (ベトナム ▲65,400 / エルサルバドル ▲2,100 / タイ ▲900)

 

船積:346,800 (中国 116,700 / ベトナム 103,300 / パキスタン 28,900)

 

 

ピマ

 

成約:なし

 

キャンセル:なし

 

 

船積:16,300 (バングラディッシュ 6,600 / 中国 5,200 / ジブチ 2,200)

 

 

2020/2021CROP

 

アップランド

 

成約:130,800 (中国 46,900 / ベトナム 22,100 / インドネシア 13,000)

 

 

ピマ

 

成約:13,300俵(エルサルバドル 2,600 / インド 2,500 / オーストリア 2,100 / パキスタン 2,100俵)

 

END.

2020年8月6日木曜日

NY FUTURES AUGUST 5,2020

ICE COTTON FUTURES

August 5, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 63.90 64.14 63.49 64.36 +.43

Dec 20 64.00 64.48 63.73 64.46 +.45

Mar 21 64.63 65.15 64.47 65.13 +.42

May 21 65.06 65.59 65.01 65.51 +.39

Jul 21 65.48 65.87 65.40 65.76 +.37

Oct 21   -     -     -   64.34 +.35

Dec 21 63.61 63.89 63.61 63.82 +.34

Mar 22   -     -     -   64.63 +.40

May 22   -     -     -   65.23 +.40

Jul 22   -     -     -   65.83 +.40

ICE estimated futures volume: 24,900

 

NY定期12月限は、前日引値水準で寄り付いた後、暫くは動意薄で推移。米国現地早朝から値が伸びていき、最終的に前日比45ポイント高の64.46/LBで引けた。

出来高は、24,900枚。

 

【相場動向要因】

 

米国綿花市場は3営業日続伸。79日に付けた高値64.90/LBを試す展開となった。昨日終了時点で未決済建玉は2500枚増加、その前日は4000枚以上増加し、この二日間合計で7000枚近くの増加が確認され、引き続き投機筋による新規ロングポジションが積み立てられている模様。一方で、相場上昇に伴い、生産者からの値決めやトレーダーからのヘッジによる売りが入り、相場上昇にある程度のキャップがかけられていると見られる。

 

一方、米国株式市場はダウ平均株価が前日比373.05ドル高の27,201.52ドルで引けた。ハイテク株が中心のNASDAQ総合指数は連日、過去最高値を更新している。主に、本日発表された製造業以外の「景況感指数」が市場予想を上回ったことや、新型コロナウィルスに対するワクチン開発への期待感などが好感された模様。また近々、米国議会が追加の経済対策で合意するのではとの楽観的な見方も相場を押し上げたと言われている。

 

明日、米国現地8月6日に米国農務省から今季最終週となる週間輸出成約報告が発表される予定。

 

END.

 

2020年8月5日水曜日

NY FUTURES AUGUST 4,2020

ICE COTTON FUTURES

August 4, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 63.80 63.94 63.25 63.93 +.40

Dec 20 63.87 64.28 63.54 64.01 +.14

Mar 21 64.45 64.93 64.24 64.71 +.17

May 21 64.75 65.39 64.70 65.12 +.17

Jul 21 65.04 65.68 65.04 65.39 +.14

Oct 21   -     -     -   63.99 +.18

Dec 21 63.15 63.67 63.15 63.48 +.18

Mar 22   -     -     -   64.23 +.18

May 22   -     -     -   64.83 +.18

Jul 22   -     -     -   65.43 +.18

ICE estimated futures volume: 21,300

 

 

NY定期12月限は寄り付きから小幅な値動きで推移したが、取引に後半にかけてじりじりと少しずつ値を上げていき、最終的に前日比14ポイント高の64.01/LBで引けた。出来高は、21,300枚。

 

【相場動向要因】

綿花相場では、綿花特有のファンダメンタルが依然として乏しく、投機筋が、技術的要因を背景にロングポジションの積み上げを行っている模様。

現地8月3日の確定未決済建玉の増減をみると、前日から約4,200枚建玉が増加していることからも投機筋によるポジションの積み上げが行われていることが推測される。

本日期近12月限は、200日移動平均価格よりも高値で引けている。投機筋の中には、期近12月限が現地7月9日につけた64.90/lbを越えて上伸するかどうかに注目している者もいる。

一方、実需筋では、生産者側からの値決めのオーダーがいくらか確認されたと報告されている。

 

 

米国では、南東部フロリダ半島東岸から北上していたハリケーンイサイアス"Isaias"が、カテゴリー1の勢力で北上を続け、ノースカロライナに上陸。

カロライナの海岸沿いなどを中心に強い雨風をもたらした模様。

低地などでは、洪水も観測されていると報告されている。綿作地への影響にも関心が寄せられている。

 

米国現地8月6日には米国農務省週間輸出成約報告が発表される予定。

 

 

END.

 

2020年8月4日火曜日

NY FUTURES AUGUST 3,2020

ICE COTTON FUTURES

August 3, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 62.70 63.70 62.30 63.53 +1.23

Dec 20 62.60 64.13 62.59 63.87 +1.21

Mar 21 63.30 64.68 63.21 64.54 +1.29

May 21 63.72 65.02 63.72 64.95 +1.23

Jul 21 64.25 65.35 64.25 65.25 +1.12

Oct 21   -     -     -   63.81 +.83

Dec 21 62.70 63.50 62.66 63.30 +.82

Mar 22   -     -     -   64.05 +.82

May 22   -     -     -   64.65 +.82

Jul 22   -     -     -   65.25 +.82

ICE estimated futures volume: 29,700

 

NY定期12月限は、前日引値水準で寄り付いた後は方向感なく推移。米国現地で取引が本格的になると急伸し、その後調整の売りをはさみながら値が伸びていき、最終的に前週末比121ポイント高の63.87/LBで引けた。

出来高は、29,700枚。

 

【相場動向要因】

 

本日の米国綿花市場は全限月で急伸し期近12月限は引値ベースで710日以来の高値を記録。12月限は2月下旬から4度目となる200日移動平均線を上回る引値を付けた。出来高を伴った上昇が見られたことから、投機筋によるロング建ての資金流入が主な要因と見られている。またジョージア州海岸沖で発生した熱帯暴風雨イサイアス「Isaias」が勢力を強めながら海岸線を北上し、3日夕方サウスカロライナ州海岸付近でハリケーンとなり、その後、ノースカロライナ州やバージニア州を通過すると予報されている。綿作地への影響も懸念されることから本日の相場に対して強材料として買われた可能性もあるのではと一部アナリストからは言われている。

 

一方、米国株式市場ではダウ平均株価が前週末比236.08ドル高の26,664.40ドルで取引を終えた。米サプライマネジメント協会(ISM)が3日発表した米製造業景況感指数が前月比1.6ポイント高の54.2ポイントをつけ、市場予想の53.8ポイントを上回ったことや、米国内の新型コロナウィルス新規感染者数の増加ペースが鈍化したことなどを好感した模様。また追加の米国経済支援策に関する与野党協議が進展したことで投資家心理がやや上向いたことも本日の上げ相場に影響したとも言われている。

 

また米国農務省より週間作況報告が発表された。詳細は後述。米国15州平均の着蕾率は91%、ボール形成率も54%と、過去5年平均の生育状況とほぼ同水準と報告されている。一方、品質においては、15州平均で「Excellent/Good」の割合が49%から45%へとやや減少したが、「Very Poor/Poor」の割合に変化はなかった。前週末に発生したハリケーン「ハンナ」による綿作地への被害が懸念されたテキサス州では「Excellent/Good」の割合が31%から25%へ減少し、「Fair」が46%から51%へ増加している。

 

米国農務省週間作況報告の詳細は以下の通り;

 

Cotton Squaring - Selected States

[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]

-----------------------------------------------------------------

                 :            Week ending            :          

                 :-----------------------------------:          

      State      : August 2, : July 26,  : August 2, : 2015-2019

                 :   2019    :   2020    :   2020    :  Average 

-----------------------------------------------------------------

                 :                    percent                   

                 :                                               

Alabama .........:     94          91          95          93   

Arizona .........:    100         100         100          98   

Arkansas ........:     98          99         100         100   

California ......:     89          85          85          89   

Georgia .........:     97          94          96          96   

Kansas ..........:     75          81          86          74   

Louisiana .......:     99          98         100         100   

Mississippi .....:     90          87          92          95   

Missouri ........:     86          56          69          94   

North Carolina ..:     97          90          95          96   

Oklahoma ........:     89          65          86          88   

South Carolina ..:     96          74          80          92   

Tennessee .......:     94          86          90          95   

Texas ...........:     91          83          90          89   

Virginia ........:     94          79          89          95   

                 :                                              

15 States .......:     92          84          91          91   

-----------------------------------------------------------------

 

Cotton Setting Bolls - Selected States

[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]

------------------------------------------------------------------------

                :               Week ending               :            

                :-----------------------------------------:            

      State     :  August 2,  :  July 26,   :  August 2,  :  2015-2019 

                :    2019     :    2020     :    2020     :   Average  

------------------------------------------------------------------------

                :                        percent                       

                :                                                      

Alabama ........:     75            60            73            77     

Arizona ........:     80            88            95            79     

Arkansas .......:     90            88            95            96     

California .....:     63            45            65            66     

Georgia ........:     77            63            76            75     

Kansas .........:     23            22            28            24     

Louisiana ......:     86            85            90            90     

Mississippi ....:     64            55            70            78     

Missouri .......:     42            22            28            56     

North Carolina .:     79            51            64            72     

Oklahoma .......:     36            25            36            36     

South Carolina .:     62            27            48            63     

Tennessee ......:     60            42            67            68     

Texas ..........:     45            34            45            43     

Virginia .......:     57            39            59            58     

                :                                                       

15 States ......:     55            42            54            55     

------------------------------------------------------------------------

 

Cotton Condition - Selected States: Week Ending August 2, 2020

[These 15 States planted 99% of the 2019 cotton acreage]

----------------------------------------------------------------------------

      State     : Very poor :   Poor    :   Fair    :   Good    : Excellent

----------------------------------------------------------------------------

                :                          percent                         

                :                                                          

Alabama ........:     -           1          14          73          12    

Arizona ........:     -           -           5          66          29    

Arkansas .......:     -           -          12          47          41    

California .....:     -           -          10          45          45    

Georgia ........:     1           5          21          58          15    

Kansas .........:     2           6          44          43           5    

Louisiana ......:     -           1          18          73           8    

Mississippi ....:     1           8          26          51          14     

Missouri .......:     2          10          40          47           1    

North Carolina .:     5          11          34          46           4    

Oklahoma .......:     -           4          27          67           2    

South Carolina .:     6          12          21          50          11    

Tennessee ......:     4           9          20          52          15    

Texas ..........:     5          19          51          20           5    

Virginia .......:     -          13          42          45           -    

                :                                                          

15 States ......:     3          13          39          36           9    

                :                                                           

Previous week ..:     3          13          35          40           9    

Previous year ..:     1          12          33          44          10    

----------------------------------------------------------------------------

-  Represents zero.      

 

 

END.

 

 

2020年8月3日月曜日

NY FUTURES JULY 31,2020

ICE COTTON FUTURES

July 31, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 62.62 62.63 61.96 62.30 -.52

Dec 20 63.28 63.31 61.92 62.66 -.52

Mar 21 63.83 63.94 62.50 63.25 -.56

May 21 64.51 64.51 63.15 63.72 -.74

Jul 21 64.50 64.56 63.73 64.13 -.88

Oct 21   -     -     -   62.98 -.81

Dec 21 63.20 63.20 62.23 62.48 -.71

Mar 22   -     -     -   63.23 -.71

May 22   -     -     -   63.83 -.71

Jul 22   -     -     -   64.43 -.71

ICE estimated futures volume: 19,500

 

 

NY定期12月限は、寄り付き直後に本日の高値を付けた後、値を下げ、米国時間夜の間に本日の安値を付けた。その後、緩やかに値を戻し、そのまま方向感乏しく小幅な値動きを見せ、最終的に前日比52ポイント安の62.66/lbで引けた。出来高は、19,500枚。

 

 

【相場動向要因】

本日は、米国および国際綿花市場における2019/2020綿花年度(20198-20207)の最終日となった。

本日のCotton outlookレポートでは、2019/2020綿花年度におけるA-Indexの変動について、次のように述べている。

2019/2020綿花年度前半は、米中通商問題進展によって、A-Indexは上昇傾向にあった。米中両国による第一段階合意が報じられた20201月に2019/2020綿花年度のA-Index最高値(80.20)を付けている。その後、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めると下落していき、20204月には、59.15を記録している。

 

 

本日の綿花相場では、寄り付きの時点で前日までの価格上昇を受けて値を上げ、本日の高値を付けたが、その直後に利益確定の動きから売のオーダーが入って値を下げた。

その後、やや値を上げたが、上伸することなく引けた。

 

現物取引は依然として低調な状況が続いている模様。

一方、米国では、ハリケーンイサイアス(Isaias)が、フロリダ半島東岸を北上しており、米国南東部の綿作地帯への影響が懸念されている。

また、先日観測されたハリケーンハンナ(Hanna)によって、南テキサスを中心に、一部地域の綿作地で被害が報告されている。

 

米国株式市場は、米国の失業者への週600ドルの特別措置が7月末で終了するのに対して、米議会で追加対策案の協議がまとまっていないことなどにより、上値が重い展開となったが、ハイテク株などの上昇などにより、最終的に上昇。本日のダウ平均株価は、前日比114.67ドル上昇し、26,428.32ドルで引けている。

 

 

END.

 

 

2020年7月31日金曜日

NY FUTURES JULY 30,2020

ICE COTTON FUTURES

July 30, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 61.06 62.67 60.53 62.82 +1.79

Dec 20 61.77 63.21 60.80 63.18 +1.57

Mar 21 62.49 63.85 61.53 63.81 +1.49

May 21 63.24 64.50 62.32 64.46 +1.37

Jul 21 63.90 65.05 63.01 65.01 +1.25

Oct 21   -     -     -   63.79 +.98

Dec 21 62.30 63.21 61.60 63.19 +.98

Mar 22   -     -     -   63.94 +.98

May 22   -     -     -   64.54 +.98

Jul 22   -     -     -   65.14 +.93

ICE estimated futures volume: 19,800

 

NY定期12月限は、小高く寄り付いた後、じりじりと値を下げ続け、本日最安値の60.80/LBを付けた。しかしその後反発し、引けにかけて上進。前日比157ポイント高の63.18/LBで引けた。

出来高は、19,800枚。

 

【相場動向要因】

 

米国時間朝方に相次いで発表された弱気なマクロ経済指標とは裏腹に、米国綿花市場は続伸。本日発表された米国農務省週間輸出成約報告の新規成約数量と船積数量がともにベトナムや中国向けなどを中心に堅調な結果だったことや、株式市場から穀物市場への投機筋による資金流入、インフレやドル安などがこの日の上げ相場に強材料として影響した模様。一部アナリストからは技術的な要因として10日や20日移動平均価格を上回ったことで、買いが買いを呼んだのではとも言われている。

 

他の穀物市場でも取引時間前半は前日よりも価格が下回っていたが、引けにかけて値が戻り、小麦やコーンは前日比プラス圏内で取引を終えた。

 

一方、米国株式市場では20204-6月期のGDPが前期比年率換算で32.9%減と過去最大のマイナス成長を記録したことや、新規失業保険申請件数や失業給付の継続受給者数が前週比増加したことなどを嫌気し、ダウ平均株価は、前日比225.92ドル安の26,313.65ドルで引けた。

 

米国農務省週間輸出成約報告の詳細は以下の通り(Week Ending July 23, 2020)

 

2019/2020CROP

 

アップランド

 

成約:137,300 (ベトナム 73,600 / 中国 24,200 / バングラディッシュ 17,600)

 

キャンセル:▲18,600 (インドネシア ▲10,500 / パキスタン ▲4,200 / メキシコ ▲2,100)

 

船積:320,800 (中国 105,100 / ベトナム 93,100 / トルコ 41,700)

 

 

ピマ

 

成約:14,000 (中国 5,700 / パキスタン 1,700 /イタリア 1,400)

 

キャンセル:▲4,900 (インド ▲4,900)

 

 

船積:7,800 (中国 3,100 / パキスタン 1,100 / ペルー 900)

 

 

2020/2021CROP

 

アップランド

 

成約:9,500 (ベトナム 3,000 / パキスタン 2,600 / トルコ 1,500)

 

 

ピマ

 

成約:500俵(ペルー 500俵)

 

END.

 

2020年7月30日木曜日

NY FUTURES 07-29-2020

ICE COTTON FUTURES

July 29, 2020

       Open  High  Low   Close Change

Oct 20 61.20 61.20 61.00 61.03 +.44

Dec 20 61.24 61.85 61.18 61.61 +.50

Mar 21 62.07 62.51 61.90 62.32 +.49

May 21 62.82 63.24 62.82 63.09 +.50

Jul 21 63.63 63.89 63.52 63.76 +.49

Oct 21   -     -     -   62.81 +.48

Dec 21 62.00 62.32 62.00 62.21 +.51

Mar 22   -     -     -   62.96 +.51

May 22   -     -     -   63.56 +.50

Jul 22   -     -     -   64.21 +.51

ICE estimated futures volume: 12,600

 

 

NY定期12月限は、寄り付きから緩やかに値を上げていき、最終的に前日比50ポイント高の61.61/LBで引けた。

出来高は、12,600枚。

 

 

【相場動向要因】

前日に引き続き、綿花特有のファンダメンタルが乏しく、出来高も12,600枚と静かな相場展開となった。

一部のアナリストからは、期近限月を中心に40日間の移動平均価格よりも上値を維持していることから技術的要因により、相場が下支えされているのではないかと見ている。

 

本日米連邦準備制度理事会(FRB)が、政策金利据え置きの意向を示した一方で、債券買付を継続する意向も示した。

また、パウエル議長からは困難な状況にある経済を下支えするために、いかなる手段を講じる意向であることも述べている。

 

綿花市場では、現物取引は依然として低調で、市場参加者の多くは現地730日に発表される米国農務省週間輸出成約報告に注目している。

中国向けの成約数量と船積数量に注目が集まっているが、その一方で、一定量のキャンセルが報告されるのではと見ているアナリストもいる。

 

 

END.